バイクツーリングのレンズ選び2 標準レンズ50mm

前回の投稿の続きでございます

バイクツーリングにおける一眼レフ用のレンズ選びと私の愛用レンズをご紹介しております。前回までは超広角レンズのキャノンEF14㎜F2.8LⅡ、広角レンズEF35㎜F2ISの2つの単焦点レンズをご紹介しました。レンズ選びの基準について、どのような用途でどのようなレンズを選ぶのか?私なりの考えでご紹介しております。今回は標準レンズから望遠ズームです。

 




 

・標準レンズ SIGMA50㎜F1.4DG ART

写真右:SIGMA50mmF1.4 DG ART

やはり単焦点レンズとなりますが私の好きなSIGMAのARTシリーズ。SIGMA50㎜F1.4DG ARTでございます。この写真を撮ったころは売却してしまったSIGMA35㎜F1.4DG ARTと両方を所有していたので、間違えて持ち出さないようフードに焦点距離のシールを貼っておりました。

50㎜といえば今更言うまでもありませんが肉眼の距離感覚に近い標準レンズです(35㎜フルサイズセンサーのカメラの場合)。写真の世界では基本の1本と呼ばれる焦点距離で、これだけあれば色々と撮れるとか50㎜に始まり50㎜に終わるなどと言われます。

かく言う私もこの50㎜については過去に色々と挑戦した経緯があるのですが、正直に申し上げますと苦手です。究極のツーリング写真の熱心な読者様であれば、お気づきの方も多いかと思いますが、私の写真の多くは広角や望遠で作った作品が多く、標準というのはそもそも苦手なんです。

SIGMA50㎜F1.4DG ARTを入手する前はキャノンEF50㎜F1.4やEF50㎜F1.2Lなどを使用していましたが、ツーリング写真で良い写真が撮れた記憶がありません。特にEF50㎜F1.2Lについては紙のように薄い被写界深度に、どのように使っていいか分からず1年も使わずに売却してしまいました。今入手すればまた違うとは思うのですが…。

キャノン EF50㎜F1.4

 




 

EOS6D Mark2 + SIGMA50mmF1.4ART 観賞者にその場にいるような臨場感を感じさせる

さてそんな50㎜レンズの使い方ですがこちらの作例をご覧ください。被写体や背景の割合、空間の表現などが肉眼に近いため臨場感があります。臨場感があるということは写真の観賞者にあたかもその場にいるような緊張を与えることができます。

さらに上の作例では前景に入れた紫の花を解放F1.4でボカすことで、その先の様子へ興味の対象を誘導させる構成になっています。こんな風にボケ味を利用して作画できるので解放F1.4のレンズは重宝します。

EF28-70㎜F2.8L EOS30D(APS-C)

こちらの作品は使用レンズはキャノンEF28-70㎜F2.8Lとかなり古いモデルのレンズで、ボディもEOS30Dと旧式です。写真自体も2006年の撮影とかなり古いのですがExifデータによると焦点距離はこのレンズのワイド端28㎜です。APS-C機なのでフルサイズ換算で42㎜くらい、つまり標準域といえる写真です。

このように肉眼に近い自然な画角というのは不思議なことに臨場感を感じさせるものです。ライダーの姿が写っていない作品ですがカメラの側にはライダーの存在を感じさせる…そんな事ができるのがツーリング写真における50㎜標準域だと考えます。

しかし大口径F1.4であるSIGMA50㎜F1.4DG ARTにも難点があって、やはり50㎜単焦点レンズと考えると大きくて重いです。そのため私はツーリングで持ち出す機会は少なく、もっぱら家族の写真を撮るときに活躍している、というのが実情です。

こういったレンズのネットでのレビューを見ていると「解放からシャープで抜けがいい」とか「ボケから合焦までの立ち上がりが良い」とか書かれていますが、実は白状しますと私はこの辺はほぼ関心がなくて、ボケてりゃOKみたいなアバウトな感じなのです。よってそのような人間にはSIGMA50㎜F1.4DG ARTなんてもったいないかな?とも感じますので機材の軽量化を狙って近々に買い替える予定もあります。

ちなみにレンズのレビューでよく見かける「抜けがいい」とは透き通っているようにクリアな画質という意味らしいです。Lightroomで【かすみの除去】をマイナスにふるのがお好きな方にはレンズの抜けは関係ない話なのですね…。

苦手なはずの標準レンズの話だけで2000文字近く書いてしまったので、望遠ズームのお話は…

次回に続く

 




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

~本日の毎日100ショットスナップ~

紅葉の季節ですのでこんな1枚を。秋のツーリングスナップ。