上達したい人だけ見て。何も写っていない平凡写真とサヨナラしよう

Pocket

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、良い写真ってなんでしょう?コレ、もはや永遠のテーマかもしれませんね。

カメラを持っている人なら誰しも良い写真を撮りたいですよね。でも良い写真とは何か?を言葉にして説明するのは難しいものです。きちんとピントが合っていて露出も適正な写真?いいえ、それだけでは良い写真とは言えません…。では構図やフレーミング、またはデザイン要素や比率などが巧みな写真でしょうか?いいえ、それも大切ですが最重要なことではありません。

良い写真とは作者が見たもの、感じたものを表現している写真である、と多くの解説書などに書かれています。これについては私も同感です。

例えば珍しいお花が咲いていたとします。それを見つけたあなたは「珍しい花だな、写真を撮ってみるか」とカメラを手にマクロモードに設定してピントもばっちり、構図も練った写真を撮ったとします。しかし出来上がった写真を人に見せたところ「このお花はなんてお花でしょう?」「綺麗に撮れていますね」といった感想がかえってきます。

もちろん悪いことではありません。しかしこの写真は珍しいお花を撮ったぞ!という事実のみで「人の心にうったえる何か」はぽっかりと欠落した写真です。綺麗なお花に感動したという作者の気持ちを写真に込めるのを忘れているのですね。

こういった写真を図鑑写真とか説明写真などと呼びます。例外的に事実を撮っただけの記録写真でもドキュメンタリー的写真やスナップ写真の世界では高く評価されますが、それは話がややこしくなりますので別の機会にお話ししたいと思います。

図鑑写真、説明写真、記録写真、記念写真…

これと同じことを多くのライダーはツーリング先でやっていると私は感じます。こんな風に書くと怒られるかもしれませんが、本当にSNSで見かける多くのツーリング写真は「すごい景色のとこにツーリングしてきたよ~」という説明写真に過ぎないのです。

 

この写真は私が2012年に北海道ツーリングで撮った写真で、日本海オロロンラインです。一見すると良い写真に見えるかもしれません。どこまでも続く直線、何もない最果て感、爽やかな青空に遠景に利尻富士。しかし、これでは絶景をただ撮っただけで人の心にうったえる作品、作者の感じたことを表現した作品とはとても言い難いのです。

「えぇ~いい写真じゃない?」とおっしゃる方もおられるかもしれません。しかしこの写真に心打たれた…という方は恐らくオロロンラインをこの写真で初めて知った方か昔行ったけど懐かしい!といった方ではないでしょうか。写真が良いのではなくオロロンラインの景色が良いから良い写真に見えてしまう、ということではないでしょうか。

こういった写真は誰でも撮れる簡単な写真です。絶景をただ撮れば良いのですから。私が6年前の北海道ツーリングで撮ったこの写真は「オロロンラインは何もないまっすぐな直線で利尻富士も見えるしスゴい所ですよ」「そこに私はR1200GSで行ってきましたよ」という説明写真なのです。

 




 

目に見える情景のあらゆる要素を欲張って画面内に入れ、バランスをとって構図したつもりが実は何も写っていない写真になってしまった…これ、本当に良く見かけるパターンだと思います。

利尻富士とオロロンラインの両者を画面内に入れる場合は、どちらがメインなのか主従関係を明らかにするか、もしくは両方は撮らないのがおススメです。両方撮りたいのならオロロンラインの写真と利尻富士の写真の2つの写真を撮れば良いです。帰ってからどちらの写真を発表するかじっくり吟味する、あるいはSNSでの発表であれば組み写真のように1投稿で複数枚のアップロードであれば両方を選んでも素敵な写真投稿になります。

特にこの作例のケースでは遠景の利尻富士、これを撮るなら望遠がよいですよね。しかし「どこまでも続く直線路」これを撮るなら遠近感が強調できる広角レンズが好ましいです。このように相反する要素を1画面に収めるのは難しく上級者のスキルが要求されるものです。

もっとも両者の位置関係にもよります。仮に道の先に利尻富士があるなら迷わず望遠で空間を圧縮しましょう。他の要素の広がり感は失われますが道と利尻富士を関連付けて1つとすることが可能です。

 ~伝えたい1つを明確に表現する~

写真は作者の意図を表現すること、なんてよく耳にしますがそんな風に言われても初級者の人にとってよく分からないものですよね。

では、このオロロンラインの写真をきちんと撮った写真で解説いたします。

 

 

どうでしょう?横構図が縦構図になったという事は置いておいて、まず印象(インパクト)が違うのがお分かり頂けるでしょうか。

この写真は2018年の夏の北海道ツーリングです。撮影時期こそ6年も違いますが撮っているポイントはほぼ同じです。画面内に入っていませんが左手には利尻富士が堂々と見えていました。

私はこの時「やっぱりオロロンラインのこの道はすごい、果てしない旅を予感させる究極のツーリングルートだな」と感じました。これが写真の意図になります。自分の感じたことがこのように具体化できれば、あとは撮影作業に取り掛かるのみです。

とにかく「道」の魅力を最大限に引き出すこと。「この道は素晴らしい、私の目にはこんな風に見えました」という写真を作ることです。ここが表現です。事実をリアルに写真にすることではありません。どのような手法で表現するか?それは構図や焦点距離や露出設定など様々な選択作業を行うこと。これを写真用語で作画といいます。

頭の中でイメージが出来上がったら、それに適した焦点距離のレンズを装着してカメラを構えます。(この時は車が来るかもしれませんので三脚は使いませんでした)そしてまず寄る!主題に寄るのです。これだけでも普通に撮っただけとは大違いです。すると不思議なことに空の表情や緑の牧草地などは道を魅力的にする引き立て役に変わってくれるのです。

細かいですが2枚の違うポイントは他にもあります。1枚目の写真はバカ正直に3分割構図でバカ正直に水平をとっています。こういったセオリーに当時の私は縛られていたのですね。2枚目は空と地上の割合としては3分割ですが、最も存在感のあるセンターラインは見事に2分断(一般的に避けるべき比率)ですし、水平は異空間を連想させる目的で意図的に無視して傾けています。

三分割構図や水平を精密にとることは大切ですが絶対ルールではありません。こういった知識に縛られると傑作への道はたちまち閉ざされてしまいます。

Lightroomのレタッチは道が主役の写真なのですから道を重点的にレタッチします。といってもこの場合は単純でアスファルトの質感を明瞭度を上げて高めたのみです。そして重要なポイントはその他の部分はさわらない!これを守ることで写真にレタッチによる不自然さを与えないのです。これ…私の独自の考えなのですけどね。

 




 

いかがでしたか?念のため書き加えておきますがこの時、利尻富士が主題の写真も別で撮ってありますよ。決してオロロンラインでは利尻富士を撮るな、という意味ではありませんからね…。

もし「作者の意図を表現する」が難しく感じるようでしたら、ひとまず次のやり方を実践してみてください。

 【特徴を強調して撮る】

決して特徴を強調すれば良い写真になると言いたい訳ではありません。しかし「作者の意図を表現する」が出来るようになるまでの中間的なステップとしてお勧めの上達法です。次の撮影からこの特徴を強調して撮るという言葉を思い出して撮ってみてくださいね。

路面が起伏してることを望遠レンズで強調して撮った

 

今回、この投稿では「多くのライダーはツーリング先で説明写真を撮っている」と書いてしまいましたが、当ブログ【究極のツーリング写真】へ何らかの縁でたどり着いた方々であれば、それでは不満だと感じておられるはずです。そう信じて誰かに不快な思いをさせてしまうかな?という不安を覚悟で思い切って書いてみました。こう書いた方が明快で分かりやすいと思ったからです。

もし不愉快な思いをしてしまった方、決してレポート的なツーリング写真を否定している訳ではございません。ただ人の心にうったえる良き写真が撮りたいのに、説明写真の枠から脱することができず悩んでいる方々への解説なのです。写真はあくまで現実を撮るものですからレポート的な記録写真も決して否定されるべきではないと思います。しかしこのような表現で不快な思いをされた方がおられましたらゴメンナサイ。

ではまた!

 




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

↓↓↓撮影スポット↓↓↓