ツーリング写真、バイク写真の光の使い方【まとめ】

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、5回にわたってツーリング写真における光の使い方を解説してきましたがいかがでしたか?

・ツーリング写真 光の使い方 順光編

・ツーリング写真 光の使い方 斜光編

・ツーリング写真 光の使い方 逆光編

・ツーリング写真 光の使い方 トップ光編

・ツーリング写真 光の使い方 曇天光編




ツーリング写真、バイク写真といえば基本は屋外の風景写真となるわけですが、その場合の光源は当然ですが太陽光です。太陽は時間帯、天候、季節などによって角度や強さや色温度などが変化するものです。晴天時に空に流れる雲があったら太陽は雲に隠れたり出たりを繰り返し、そのたびに光量や特性が変化します。

またこれらの太陽光によって明らかにされる情景の様子とは、必ずしも肉眼で見える様子がそのまま写真になる訳ではありません。人間の目はカメラよりもダイナミックレンジ(明るさの範囲)が広いですし、ホワイトバランスについては眼球はかなり優秀なAWB機能を備えています。

雨上がりのオロロンライン 曇天光と水分を多く含んだ空気 そして水たまり

ツーリング先で撮りたいと思ったその情景、カメラを向けたその先が斜光なら斜光を生かした撮り方、逆光なら逆光を生かした撮り方、曇天なら曇天の特徴を生かした撮り方をするしかありません。当たり前ですが太陽の向きはスタジオ照明のように自分の意志で動かすことはできないのです。




もしどうしても、そのシーンを逆光で撮りたいとか斜光で撮りたいと思ったら、これはもう出直すしか他に手段がないです。ここでいつもぶつかる問題なのですが移動を繰り返している旅の行程ではコレができないです。しかし自宅の近所でしたら時間帯や天候を狙って出かけることが可能です。天の川の写真なんかは典型的な例です。

この両者は撮りに行った写真か、本物の旅のワンシーンの写真か?の違いです。もし後者にこだわるのであれば出直しや撮り直しはきかない訳ですから、その時の与えられた条件でベストを尽くせる力を身につけなければいけません。成功すればこれぞ本物のバイク旅のシーンだ!と思える傑作が生まれるでしょう。前者でも吝かではないという方は、いかにも撮りに行った写真という感じにならないよう演出のセンスが要求されます。深い話ですけど…これは避けられない事実です。

あっ初級者向けに書いていたはずの投稿が最終的にマニアックになってしまいました…すいません。

今回の解説ではツーリング写真において主に太陽光が光源となる場合の、光の向きや種類の特徴を知り、それらを生かした作品つくりの手法や例を解説しました。写真にとって光は命です。シーンや被写体ばかりに気をとられずに今、どのような光がどのように当たっているのかを意識して撮るようにしてみてくださいね。




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

~本日の毎日100ショットスナップ~

RICOH GR APS-C

光の使い方 徹底マスター【曇天光編】初級ツーリング写真

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、前回まで順光、斜光、逆光、トップ光といった光の向きについて、その特徴や写真の撮り方を解説しております。今回は第5弾の曇天光編でございます。

今回の曇天光は光の向きの話ではありませんが、ツーリングでもよくあるシーンで雰囲気の良い作品の演出にも役立つのでぜひ曇りの撮り方をマスターしてください。

また初級者の方は写真は晴れた日が理想で曇天や雨では良い写真など撮れない…とお思いかもしれませんが、その考えはこの投稿を読み終わった時点で捨ててくださいね。




雲り空による拡散透過した光は晴天時に比べて圧倒的に光量が少なく、そして人間の目ではあまり気が付きませんが色温度としてはかなり青いです。写真を撮るうえでの特徴としては被写体に影が出にくく写真全体が低コントラストになるのが特徴です。また晴天時に比べて光量が少ないということはシャッター速度の低下によるブレなどにも気を付けなくてはいけません。

これらの特徴を理解した上で作品の意図へ導く表現手法として曇天光をうまく活用しましょう。曇天光の特徴をうまく使えれば幻想的、寂しげ、寒い、やさしい、柔らかいといった印象の作品を撮ることができるのです。

 

EOS1Dx + SIGMA150-600mmF5-6.3DG F6.3 1/640 ISO200

こちらの作品をご覧ください。北海道のコムケ湖で撮った1枚です。雨が降りそうな天気という訳ではなく、ごく普通の曇りの日に撮った写真です。このように曇天は晴天と違って影が少なく全体がコントラストに乏しいフラットな写真になります。

これによって受ける写真の印象は先ほども書きましたが幻想的、寂しげ、寒い、やさしい、柔らかいといったものになります。

そしてこの写真を見て多くの方が「ずいぶん青いな」と感じたかと思います。青は寒色、後退色でその色だけで寂しさ、寒さの演出になります。

人間の眼球は優秀な露出調整、AWB(オートホワイトバランス)機能を備えているので曇りや雨の日に風景が青く見えることはありませんが、実際には青いというコトをカメラが教えてくれます。こんなに青くしちゃって現実を脚色しているではないか!と物言いがついた場合は「いいえこれこそ現実の光景に近いのですよ」と反論できちゃう訳です。

そしてこういったシーンでホワイトバランスを曇りモードにするかどうかは平凡な写真か個性的な写真になるかの分かれ道です。

カメラのホワイトバランスに太陽光、曇天光、日陰、蛍光灯、電球、MWBなどありますが、曇りの撮影だからといって必ず曇りモードを選択するのが正しいと思い込んでいませんか?曇りモードは青っぽい現実の光景を普通に戻しましょうという意味です。上の写真のようにするなら曇りモードではありませんからね。

解説が脱線しますが上の写真のような仕上げに対して違和感を覚えた方もいらっしゃると思います。これは無難は選択せずかなり思い切ったホワイトバランスの選択なのです。このコムケ湖の旅で感じたことにピッタリな雰囲気にしたかったので寂しさを表現できる青みを出してみました。私としてはまだ模索している段階ですが、こういった一部の人には嫌われるくらいで初めて個性的な写真になるのかな?なんて考えたりもします。




曇天光の撮り方を学ぶことにより影の出方を意識するようになります。晴天と曇天の違いは光量やホワイトバランスだけでなく影に大きな違いがあり、写真における影の役割を学ぶことができるのです。

それと空を撮りたい場合。曇天の空はのっぺりとして雲の様子を写真にすることができません。露出の設定によっては肉眼では分からないような雲の様子を再現することも可能ですが、それにはLightroomのようなソフトで空の部分のみを選択して露出を下げる作業が必要です。絶対とは言いませんが多くの曇天シーンにおいて空の様子は諦めて地上物に注目した写真を撮るのがオススメです。

EOS1Dx + SIGMA150-600mmF5-6.3DG F6.3 1/250 ISO100

曇天光に限らず全ての光源に同じことが言えますが、ツーリング写真とは当然ですが屋外の風景写真なのですから、その時の天候や太陽の向きは変えることができません。撮影者であるコチラが合わせるしかないのです。逆光なのに爽やかな青空や緑の様子を撮りたいとか、曇天なのに伸びる影を撮りたいとか叶わぬことを望んでも無意味なのは明らかですよね。

いま与えられている光の条件で最もベストと言える作品をつくるには、こういった光源の種類と特徴を理解しておくと、きっと良いことがあると思いますよ。

光の解説、まだまだ続きます…




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

~本日の毎日100ショットスナップ~

ステンレスのパネルが貼られた近代的なデザインのビルですが、築40年くらいの古いビルです。通勤中に撮った1枚です。

光の使い方 徹底マスター【トップライト編】初級ツーリング写真

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、ツーリング写真における光の使い方として順光や逆光といった光の向きの解説をしておりますが、スーパーカブC125を見て欲しくなってしまった…などと言う記事が間に入ってしまいました。

今回はツーリング写真 光の使い方徹底マスターの続きでございます。

・光の使い方 順光編

・光の使い方 斜光編

・光の使い方 逆光編




今回の解説では太陽が真上の位置にある日中の撮影【トップ光】の解説です。風景写真やポートレート写真の世界ではトップ光は最も写真に適さない光源などと呼ばれています。ツーリング写真もほとんど風景写真のようなものですから、同じようにトップ光は避けましょう!と言いたいのですが、トップ光にはトップ光の良さが存在するのも確かです。

それに多くのライダーが活動的に走り回っている時間こそトップ光の時間帯なのですから、これを上手に使えればきっと悪いことなど無いと思います。

しかし一般に避けた方が良いと言われる光源で良い写真を撮るなんて難しそうですね。でも大丈夫です、特徴を理解して【使い方の引き出し】にしてしまえば、トップ光ならではの写真が撮れます。

 

こちらの作品をご覧ください。夏の北海道ツーリングにて【天に続く道】で撮った1枚です。昼間のトップ光で撮影した写真ですが、そもそも何故トップ光は一般に避けられているのか?この写真の影に注目してください。

光が真上から照らされるという事は影は真下へ出るわけですね。人物の顔なら目のくぼみ、鼻の下などに強い影が出ます。上の作例であれば木々の様子に注目してください。木のてっぺんは強く輝き、下は影になっています。樹木のように背の高い被写体があると影の割合が多くなるのがお分かり頂けると思います。

てっぺんがギラついて下は影、これこそトップ光の特徴であり影の割合を作品の表現手法の1つとして巧みに使えれば、トップ光ならではの良作を狙えるのです。

上の作例の場合は北海道ツーリングといえど8月の真夏ですので、トップ光の時間帯は汗ばむほど暑いです。強い太陽光で照らされた大地に空中の湿気などに光が当たって真夏特有のカスミが発生しています。こういった要素もうまく構成して撮るのがトップ光を使うコツです。




EOS6D mark2 + SIGMA150-600mmF5-6.3DG F6.3 1/125 ISO250

ちょっと1枚目の作例での解説がマニアック過ぎましたので、次にこちらの写真をご覧ください。1枚目と似たような構図の写真になってしまいましたが、南房総の嶺岡中央林道で撮った1枚です。このように木々が鬱蒼と生い茂った森などは、トップ光をおいしく使えるシチュエーションです。

逆光の解説の時と同じように高コントラストを狙えるだけでなく、木々の隙間から差し込む光を狙えるのです。簡単に言ってしまえばスポットライトのようなものです。

コツはバイクを停める位置にあります。特別な意図がない限りバイク&ライダーの位置は光がしっかり当たっているポイントを選びましょう。予め地面の様子に注目して最も明るそうな場所にバイクを停めます。

ギラギラと強いトップ光の時間帯に無理に鮮やかな風景写真を目指すのではなく、舗装林道が近くにあったらこんな写真を狙って走ってみてはいかがでしょうか?

次回は曇天光の解説でございます!




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

スーパーカブC125を見てきました

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、いま欲しいバイクは何ですか?私はホンダ スーパーカブC125が欲しいです。

新車で買えるオートバイで欲しいモデルがなかなか存在しないな…なんて思っていた昨今、これは欲しいな!と心から思える新しいバイクがスーパーカブC125です。中古で買えるオートバイでしたら例えばR100RSとかR80GSとかOHV時代のBMWなんか欲しいんですけど、私は結構バイクを酷使するタイプなので古いオートバイは憧れますがなかなか手が出ないです。




そんな風に思っていた矢先に発表から気になっていたスーパーカブC125の実物を見る機会がありました。最寄りのドリーム店に新車が1台あったので店員さんにお願いして少し見させていただきましたよ。

カッコいい…欲しい…。ネット上でも多くの中高年ダンディズムライダーが欲しているという情報を散見しますが、私も例にもれずC125にハートを掴まれた1人でございます。

各部のフィニュッシュ、繊細な配色、絶妙なディティール、往年のC100を彷彿とさせる顔つき。ホンダ車の小排気量にあり勝ちなカジュアル過ぎる雰囲気もありません。ばっちり高級感、プレミアム感が伝わってきて見る人の多くを惹きつけること間違いなさそうです。

このエンブレムも最高ですね。遠心クラッチ部のカバーもメッキ処理されて輝いています。

デザインで最も印象が強かったのがこのキャストホイールですね。私はあまりスーパーカブには詳しくないのですが、おそらくキャストホイールの採用は今回のC125が初なのではないでしょうか?

エッジの効いたデザインはクラシックなカブのボディに先鋭的な印象を与えて全体をネオクラシックスポーツに仕立てたという印象です。

それに見た目だけでなくキャストホイールは剛性も高いので、それに伴ってサスペンションも刷新され専用セッティングなはずです。ディスクブレーキもそうですが、これにより商用的なカブの走りとは一線を画すスポーティーな走りが味わえるのでしょうか?

しかもこのC125のキャストホイールはENKEI製ではありませんか?!むかし4輪でレースの真似事をしていた私にとってENKEIのキャストホイールと聞くだけで心が躍ります。

チューブレスタイヤであるのも、万一のパンク修理が容易であるので助かりますね。お正月の北海道宗谷岬 初日の出ツーリングに行く人は大きな魅力ですね。極寒の中でチューブのパンク修理って難しいらしいですからね。




 

C125のカタログだけ貰ってきちゃいました…。しかし399600円かぁ…。専用設計の部分が多く、特にキャストホイールなどはコストがかかっていそうなので、ある意味では妥当な定価かもしれません。しかしユーザーサイドの感覚としてはスーパーカブに約40マン円ですかぁ!といった感じですね。

ABSが付かなかっただけ良いですが、例えばキーレスや電動で開閉する小物入れなどは不要だったのでは?せめて32万円くらいだったら新車でも検討できるのですけどね。

しかし素敵なオートバイの発売に心からホンダを称賛したいですね。同時期に発売されたモンキーも良さそうですけど、昔ながらのカブ、モンキーのファンだけでなく、新たなファンの獲得にホンダの巧みさをも感じました。

これをもし買ったらR1200GS/アドベンチャーでは行けなかった場所、気が付かなった風景もきっと発見できると容易に想像ができます。ツーリング写真の世界も広がりそうですが…何年か待って中古車を検討してみたいと思います。欲しい!

スーパーカブC125を見てきた感想でした!!




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

~本日の毎日100ショットスナップ~

RICOH GR APS-C

黄色いタクシーのボディにある青い街の広告と、遠景の風景が同じように見えた妙。もちろん狙って撮ったのではなく、偶然にも手に入れたコトですが。撮った後にこの偶然が気に入った、というスナップでは決して珍しくない写真の楽しみ方の1つです。

光の使い方 徹底マスター【逆光編】初級ツーリング写真

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、前回と前々回でツーリング写真、バイク写真における光の使い方として初級者向けに解説をしております。順光、斜光の特徴はお分かりいただけたでしょうか?

・光の使い方 順光編

・光の使い方 斜光編

今回は私が最もオススメしたい逆光の解説でございます。写真を撮る上で逆光と聞くと良いイメージがないかもしれません。「えっ写真は逆光で撮っちゃダメなんじゃない?」とか「せっかくのシーンだったけど逆光になってしまった」とかよく聞きますね。

しかしこれらの「逆光で撮ってはダメ」は大変な誤解ですので究極のツーリング写真の読者の皆さまはこれを機会にぜひ逆光の良さを知ってください。その昔、キャノンからオートボーイというカメラが登場し、それまで一般人には難しかったカメラの操作が簡単になりました。このカメラはオートモードにすればシャッターを押すだけでキレイに撮れる…と。

オートボーイの登場と時を同じくして「私はオートモードで十分」と口々にする人が激増し、現在でも多くのカメラユーザーはその風潮を残しています。シャッターしか押さない…という事は当然ですが露出はカメラの評価測光(AE)にすべて任せて、露出補正すらしないという事です。




このような使用方法では旅行先などで家族との記念撮影を撮るときに逆光だとAE任せでは人物の顔が暗くなります。本来なら露出補正するかストロボを発光すれば良いのですが多くの人はシャッターを押すだけで何もしません。せっかくの記念写真で家族の顔が真っ暗なのです。

多くの人はこの現象を経験して逆光ではダメ、あるいは露出補正をして顔は明るく撮れたとしても、こんどは青空が白っぽくなってしまったのでダメ、という理由で【逆光はダメ】が一般に浸透したと推測します。

EOS1Dx + SIGMA150-600mmF5-6.3DG F6.3 1/60 ISO100

逆光は被写体や情景をドラマチックに輝かせる魅惑の光源です。特徴を理解して逆光での撮り方をマスターしてしまえば一気にレベルアップすること間違いなしです。

では逆光の特徴とその撮り方を解説してみたいと思います。

逆光は強い光線がレンズを通してカメラ内に入ることでまずAEが狙ったイメージ通りに機能しないことです。AE、つまりカメラのコンピューターが自動で測ってくれた露出値。これは画面全体の平均であったり特定の部分などを計測して割り出しています。しかし、逆光の場合は強烈な光線を受けることによりカメラが「明るすぎる」と判断して暗く測光します。この結果、撮影者が狙ったイメージよりもはるかに暗い写真が出来上がるのです。

そこで、まずは重要なことは逆光での撮影では露出補正を積極的に行うことです。露出補正は難しいことのように感じますが簡単です。まずは1枚撮ってみましょう。そして撮った写真を再生ボタンを押して確認し、暗いと思ったらプラス(明るい方に)補正してもう一度撮ってみましょう。簡単でしょう?操作方法はカメラの取り扱い説明書に書いてあるはずですので分からない方は読んでくださいね。

逆光のもう1つの特徴としては被写体を輝かせてくれることです。ライダーやバイクといった被写体のエッジであったり、上の写真のように地上物は特に反射してキラキラと輝いてくれます。




このように光、輝きがあるだけで写真はぐっとドラマチックに、印象的になるのがお分かり頂けたと思います。

写真は光が命です。強い光、柔らかい光、そして影があることでカメラが守備範囲としているダイナミックレンジを超えて【写る部分】【写らない部分】が発生します。それらを巧みに表現したいことの手段として使う、これが写真の面白さと感じます。

EOS1Dx + SIGMA150-600mmF5-6.3DG F5 1/2500 ISO100

「コントラストがある」という言葉をどなたでも聞いたことがあると思います。簡単に言ってしまえば明るいところ、暗いところの両者があってメリハリがあるという意味です。

2枚目のキャンプツーリングの写真では海面の様子が明るすぎて写っていません。こういった部分が完全に真っ白だと白トビ(0)といいます。上の3枚目の写真ではライダーとバイクの様子が暗すぎて写っていません。これが完全に黒になると黒潰れ(255)と呼びます。デジタルの8bitデータは0から255の256段階で、その範囲をたくさん使った写真がコントラストがある、または階調が豊かな写真などと呼びます。

印象的なほど強い光、それらによって反射した輝き、コントラストなどは写真に必ず必要という訳ではありませんがツーリング写真において旅の雰囲気を演出する【印象的】【ドラマチック】な作品になるのは確かです。

逆光のシーンではフレア、ゴーストといった一般に画質低下とされ歓迎されない光学的現象も発生しますが、ここは誤解を恐れず思い切って書かせていただきますと「気にしないで撮ってください」と…これに尽きます。フレア、ゴーストは色々な出方があって全てが排除すべきとは思えません。

それよりフレア、ゴーストが出てはいけいなから…という過剰な意識で逆光での撮影チャンスを逃してしまう事の方が勿体ないのです。

次回はトップ光の解説です。




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

~本日の毎日100ショットスナップ~

RICHO GR APS-C

たまに太陽にカメラを向けてはいけない…という方もいらっしゃいます。それって子供の頃に虫メガネで太陽を見てはいけない!と大人に言われた記憶と混同していませんでしょうか?カメラを太陽に向けても大丈夫です。

光の使い方 徹底マスター【斜光編】初級ツーリング写真

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、前回の投稿より<初級>ツーリング写真の基本的なおさらいとして光の使い方を解説しております。前回が太陽を背にして撮る順光編、今回は太陽が斜めにある斜光編でございます。




斜光とは読んで字のごとく斜めから入る光源を意味しますが、順光、斜光、逆光と大まかに3つに分けて解説することを考慮すると、斜光はほぼ横からの光という意味で作例を選んでみました。

EOS1Dx + EF135mmF2L F8 1/400 ISO100

この作例をご覧ください。海岸のテトラポットのすぐ近くまでバイクで入れる場所を発見しました。写真のデザインの要素でいう・規則的なパターン ・立体感を表現するのに最適な場所を見つけることができました。

当ブログで度々出てくるデザインの話。写真におけるデザインの要素とは・線 ・図形 ・色 ・立体感 ・質感 ・規則的なパターン ・ディティールなどですが、詳しくはまた別の機会に解説します。

この作例では全体が青、グレーと寒色系で統一された色の要素もありますが、何より印象的なのはテトラポットの規則的なパターンとその立体感でしょうか。

この写真の撮影時間は午前11時45分。割と高い位置からの太陽光ですが撮影時期が冬でしたので昼でも完全に真上にはなりません。これが夏だと11時から14時くらいは太陽が真上になってしまいます。画面の右手から太陽光が当たり、被写体の左側に陰が入るのがお分かりいただけますでしょうか。

このように斜光は被写体の形状や立体感を強調するのに適した光源と言えます。




斜光により木々の影が規則的なゼブラ模様になっている様子

斜光は被写体の立体感を強調するのに最適な光の向きです。また地面に延びる陰を使った作画や被写体の存在を強調するのにも適しています。人物に使うと厳格さや緊張感を加えることができるでしょう。バイクを主役に大きく撮る場合も、外装やパーツのディティールが強調されてカッコよくなると思いますよ。

ツーリングシーンの撮影では光源は主に太陽光です。予め狙った撮影スポットに計画的に出向くのであれば、太陽の向きをよく考え時間帯を選んでいきましょう。

日の出日の入り時刻方角マップ  便利なサイトです!

次回はいちばんドラマチックな逆光を解説しますので、お楽しみに!




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

~本日の毎日100ショットスナップ~

EOS1Dx + EF100-400mmF4.5-5.6L IS F5 1/400 ISO100

スナップではありませんが以前に木島平のカヤの平にキャンプツーリングに行った時の1枚です。この写真は逆光と斜光の中間くらいでしょうか。露出コントロールの難しいシーンでしたが何とかイメージ通りに撮れた1枚です。

光の使い方 徹底マスター【順光編】初級ツーリング写真

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、今回は初心に戻ってツーリング写真における光の使い方を解説してみたいと思います。といっても高度な内容ではなく<初級ツーリング写真解説>のカテゴリーで簡単な内容でいってみたいと思います。

以前も同じような内容を書きましたが、もう1年前の投稿でしたので現在の私の考えで書き直してみたいと思います。




まず写真における光と言うとすぐに思いつくのが逆光とか順光ですよね?今回は順光、斜光、逆光、曇天光、トップ光とかんたんに5つに分けて初級者の方にも分かりやすく理解できるよう書いてみたいと思います。まずは第一弾として順光でございます。

EOS1Dx + EF14mmF2.8L F7.1 1/500 ISO100

順光だの逆光だの光の向きと言っても実際はほんの僅かな光の角度の違いで写真は激変するので、そんなに簡単には分けて考えることはできません。例えば順光と言っても完全に太陽を背にしているのか少し斜め後ろからなのかで影の様子が変わってくるものです。

ここでは本当に大まかに順光、斜光、逆光で解説しますが最初の目安的に考えていただければ良いと思います。光については経験を積むうえでご自身で少しづつ理解を深めていくものだと感じます。

上の写真は太陽をほぼ真後ろにして撮った「ド順光」でございます。自分の撮った過去の写真から、このようなド順光を探すのに苦労しました。私の場合は順光で撮っている写真がとても少ないようです。




いちおう解説しておきますが順光とは被写体や情景に対してカメラ側から光が当たっている状態です。

順光の特徴は被写体にまんべんなく光が当たり、色彩が鮮やかに、陰影が少なく写ります。シャッターを半押しした時にカメラが測光してくれる【AE】も決まりやすく露出補正するようなシーンは少ないと思います。

半面、順光のデメリットとしては陰影が少ないため立体感が出せず平面的になること。光を使って印象的な写真を作るには最も不向きで「光」という観点では平凡になりやすいです。

上の作例では空や海面の青さ、山あいの緑など鮮やかさという意味では爽やかな印象です。EF14㎜F2.8Lという超広角レンズを使ったので遠近感はありますが、影がほどんど無い写真は立体感に欠けます。総じて何もかも見えちゃっている悪い意味での「きれいに撮れた写真」です。

順光で鮮やかに綺麗に撮ることが悪いの???いいえ悪い訳ではありません。しかし写真作品として作者の感じたことを感情的に表現したい!となると見える部分と見えない部分が有ってほしいのです。この光を使った見える部分、見えない部分を作者が意識して作画することで【光を使った写真らしい作品】への道がひらけます。

目もくらむような輝き、柔らかい光の溜まり場、空気中の水分、これらは順光では見ることができませんし、主題を印象的に導くための影を使うこともできません。強いて言えば車体のメッキ部品など反射できる被写体であれば背後からの太陽光が使えるかもしれません。しかし順光は極めて説明写真向けであると感じます。

なので順光は私のような光を好む者にとって最も魅力を感じない光源とも言えるのです。カメラを最初に手にした人が最初に操作を覚える上での試し撮り用の光源と覚えてください。昔からよく「順光が一番キレイに撮れる!」と言われてきましたが、それは色彩が鮮やかにという意味では正解かもしれませんが良い写真を撮るという意味では歓迎できない光源だと私は感じます。

次回はツーリング写真 光の使い方徹底マスター【斜光編】でございます。

お楽しみに~




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

~本日の毎日100ショットスナップ~

ツーリング写真<中級>デザインを極めよ 配置編

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、ご自身の撮られた写真ってお好きですか?自分で撮った写真を見て「これはいい写真だなぁ」と思える気持ちって凄く大事ですよ。もちろん人に言う必要は必ずしもありませんが、心の中で「この写真は好き」と自分の写真を褒めてあげましょうね。

自分という人間が好きだって人、みんな素敵じゃないですか。それと同じだと思うんです。あなたの撮った作品はあなた自身です。

自信持って「自分はいい写真を撮るフォトグラファーだ」という気持ちでいきましょう。

EOS1Dx + SIGMA150-600mmF5.6-6.3DG F5.6 1/400 ISO100

さて今回は<中級>ツーリング写真解説として写真のデザイン要素の配置編でございます。




こちらの作例をご覧ください。北海道の北太平洋シーサイドライン 霧多布岬の近くで撮った1枚です。霧多布はその名の通り年中霧が出ていて、ひどい日はホワイトアウトで運転が困難なほど視界が悪化します。

でもこの霧につつまれた雰囲気が旅欲を刺激して、私は大好きなんです。

さて写真の解説ですが、この写真の主題は霧です。全体が霞んでいて景色の詳細が明らかになっていない雰囲気。これこそがこの写真の意図なのですがデザインのアクセントとして有効なのが、道路の端部分を指し示す矢印のポール(通称 矢羽根)です。

長方形の画面の中に、いくつも連続して存在する矢羽根の配置に細心の注意を払って構図を作りました。このスペースにこの位置!という精密な調整が要求されるデザイン作業です。重い望遠レンズを手持ちで振り回す現場では、なかなかスタミナを消耗する撮影でした。

特に画面右上に先端のみ写っている矢羽根は、この画面内ではとても重要な仕事をしています。矢羽根は右左交互にリズムをもって存在していて、その左右のリズム感を最終的に決定付ける存在が右上の先端のみの矢羽根です。この右上の矢羽根がもし無かったら、林立しているリズム感は崩れ、右上に無駄なスペースが存在して不快なバランスが発生するでしょう。




全体が霧で霞んでいるため、非常に弱いですが色の要素も僅かに存在しています。鹿飛び出し注意の看板は黄色、矢羽根の先端は赤、そして左右に緑が存在します。

Lightroomの仕上では寂しさ、寒さを表現するため若干ですがホワイトバランスを青にふり、低コントラスト、明瞭度を若干のマイナスで仕上げました。見た風景、その場で感じた印象を「よりらしく」表現するための控え目なレタッチです。

配置は今回の作例のように、人工物が存在する場合は特に精密に調整しましょう。特に垂直線が存在している場合はビシっと垂直を出さないと、不快なアンバランスを発生してしまいます。もちろん、何か理由があってわざとアンバランスを狙うなら話は別ですが。

難しいようでしたら、現場で何カットもバリエーションで撮って、後で最も理想的な配置となっている写真を選別しましょうね。

写真におけるデザイン要素 配置編でした。今回も地味な内容だなぁ~割と大事なんですけどね。




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

↓↓↓撮影地↓↓↓

北海道厚岸郡浜中町 北太平洋シーサイドライン 北海道ツーリング屈指の人気ツーリングルートです。道東の魅力が凝縮されたようなロケーション。北方領土を見に行きましょう。

 

究極のツーリング写真 touring-photography.com 開設より1周年

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、当ブログは本格運用開始より晴れて一周年を迎えました。

読者の皆さまのお陰で何とかここまでブログを作ることができました。本当にありがとうございます。

開設当初、私は本格的なブログの運営としては経験がなく、まさにブロガー初心者で始めたのですがWordPressを勉強しながら少しづつ改良を加えてきました。実は自分でも関心してしまうほど、ツーリング写真やバイク写真に関わる話題だけで「よくここまで色々と書けるものだな」と驚いております。




読みにくい文章、理解しにくい内容なのは承知なのですが、読んでいただける皆さまをイメージして作るのは写真の作品造りに通づるものがあると感じております。以前にも同じことを書きましたが「教えるは教わる」で分かりやすく解説を作ることで自身も改めて勉強になる、というのを実感しております。

 

白い貝殻の道

この写真は今年の8月の北海道ツーリングで撮った1枚です。宗谷丘陵の白い貝殻の道ですが、今になって考えてみると究極のツーリング写真を始める以前の自分では、こうは撮らなかったと思います。

回折現象を恐れずF24まで絞り、ゴーストも演出に利用しました。つまり画質を無視して表現したいことを優先したのです。

こんなやり方を身に着けたのも究極のツーリング写真を書いていたからだと思います。




いつも究極のツーリング写真の読者の人が楽しみにしている(たぶん)、新たな読者さんにまた見に来ていただきたい、そんな思いで以前にも増して「良い写真を撮るにはどうしたらよいのだろう」を考えるようになりました。

その答えにはまだ行きついていませんが、現時点ではこんな風に考えています。

・感性を磨いて想像力を養い、撮り方を道具のようにして唯一無二の自分を発表しちゃおう。

・イメージ通りうまく撮れたり、ダメだったり、偶然にもうまく撮れたりを繰り返し、その中で自分という人間の変化や成長を見て楽しもう。

・楽しみは誰かに作品を見ていただいた時の反応と、自分自身の進化を確認できたとき。

・とにかく写真が大好きになる。これが重要で興味の対象をカメラやレンズにしないこと。写真が大好きなら情熱を絶やさず活動できる。

いつも偉そうに書いて怒られそうなのですが、ソコを気にしちゃうと解説が書けないので釈迦に説法の失礼はどうかお許しください。

いま改めてネット上を検索してみましたがツーリング写真の撮り方を解説する専門サイトは、やはり当ブログtouring-photography.comをおいて他には存在しないようです。(メーカー系や出版社などのサイトでプロがバイク写真を解説している記事はありますがサイト自体はバイク全般)

今後もブレずにツーリング写真という文化を社会的に認知させる、ツーリング写真の発表によりバイク旅の魅力を広める、をコンセプトに究極のツーリング写真を書いていきますので、よろしくお願いいたします!




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

~本日の毎日100ショットスナップ~

Ricoh GR APS-C

この写真の光源はビルに反射した太陽光です。この一帯はビルからの反射光で一帯が青光りしていました。

EOS6D Mark2に足りないもの 究極のツーリング写真

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、前回までキャノンのフルサイズ一眼レフ EOS6D Mark2について、いろいろとインプレッションしてみました。一眼レフを購入検討されている方は参考になりましたでしょうか。

いま読み返してみて良いことばかり書いてしまい、EOS6D Mark2に対する不満点や足りないことなど何も書いていなかったな…と気が付いたので、本当は今日はブログ更新をお休みしようと思いましたがEOS6D Mark2に足りないもの、について書いてみたいと思います。




といってもカメラやレンズの性能について、それほど画質やら描写力とやらに関心のない私ですので、画質重視派の方々に参考になるようなことは書けません。特に画質についてはキャノン製の35㎜フルサイズセンサー搭載のモデルなのですから、私のような人間が注文をつける余地など無いのは当然です。

ただ一点だけ、私が写真活動のメインテーマにしている【ツーリングのワンシーンを切り取る】という写真活動でこれが有ったら完璧だったのになぁと思ってしまうことがあります。

それは内蔵ストロボ、欲しかったなぁ!ということ。

EOS40D 内蔵ストロボ発光

ツーリング写真を撮っていると稀にストロボ発光させたいシーンに遭遇します。上の写真のように本来はシルエットのように潰れてしまう場合でもバイクなどの様子を明らかに撮ることができます。この写真は2009年に撮影で今はもうこういった感じの写真は撮りませんが、それでもヘルメットやタンクに少しだけハイライトを入れたいな、と思うときがたまにあるのです。




たまに、そう「たまに」なんです。ストロボが欲しければスピードライトを持っていけば良いのですが、たまにしか使わないのに撮影装備を身軽にしたいバイク乗りにとって、わざわざスピードライトを持っていくのは悩ましいのです。

そこでEOS KissやEOS7D mark2、EOS80Dのように内蔵ストロボがあれば「たまになんだけど、ちょっと欲しい」の要求に対応できるという事です。

もちろん35mmフルサイズセンサーを搭載した一眼レフカメラには、たかだかガイドナンバー12程度の性能では役不足だから、という理由や大口径のレンズにフードを付けてしまうと内蔵ストロボの位置では光がケラレてしまうから、という理由があってフルサイズ機に内蔵ストロボが無いのは理解しています。

しかしEOS6D Mark2の製品としての位置付けが「フルサイズの入門機」ということであれば、ユーザーの多くは大口径レンズよりも普通のレンズを使用する人が多いのではないでしょうか。さらに言ってしまえば軽量がウリなのですから、スピードライトを別途持って行くよりも内蔵ストロボで間に合わせれば、さらに軽量装備になると思うのです。

内蔵ストロボは「たまになんだけど、ちょっとの光が欲しい」の要求に確かに応えてくれます。キャノンとしてもフルサイズでバリアングル!という特異性を押し出すなら、もう1つ付加価値を加えてフルサイズで内蔵ストロボ!でも良かったと思うのですけどねぇ~ キャノンさん。




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング