見る人に作者の人物像を想像させる写真

Pocket

究極のツーリング写真 touring-photorgarpy.com 読者の皆さま、まいにち写真を撮られていますか?以前に仕事の日もバイクに乗れない休日も毎日たくさんの写真を撮りましょう、というお話をしました。

フォトジェニックではない被写体、話題の撮影スポットでなくても日常の光景を撮りまくるだけで多くの発見と出会いがあり、写真を身近にすることで見えてくる世界があります。できれば高級なものでなくて良いので、それ用にコンデジを買って常に持ち歩きジャンル問わず日常のあらゆるものを撮って撮って撮りまくる。毎日100ショットスナップなるものを、究極のツーリング写真で以前にご紹介しました。

私はもう毎日100ショットスナップを実践して3年以上は経ちますが、やはりこの練習方法はおすすめです。当初は構図やフレーミングなど撮るための技法を身に着けるトレーニングが目的でしたが、1年くらい前からそれとは違った発見がありました。それは日常の何でもない光景こそ写真を楽しむ対象が存在していて、それを自分なりに遊び感覚で撮っていると、その写真の中に自分という1人の人物像が見えかくれしているのです。

よく分からない説明ですが簡単に言うと毎日100ショットスナップで撮った写真を見返していると「俺って変な奴だなぁ~」と良くも悪くも関心するときがあるのです。そしてその写真をSNSなどで発表するときに「こんな写真見せられたら普通の人はきっと迷惑だろうなぁ」などど考えつつ、結局発表してしまう子供じみたイタズラがすごく楽しいんです。

 




 

ツーリング写真はバイク旅の魅力を表現したい、誰かに見せてバイク旅の世界を感じてもらいたい、そんなメッセージ性を込めているのでアレコレと作り込んで撮っています。しかしそういった写真では自分の内面に存在するブラックな部分は出てこないものです。毎日100ショットスナップでは何も考えず適当に撮ります。撮る対象も錆びたフェンスやドブ川や雑草だったりします。そんな物を辺りかまわず撮っていると撮影者の内面に潜んでいた悪魔的なキャラが一瞬だけ写真になるときがあるのですね。

つい数年前まで写真についてそんなコトを感じたことはありませんでした。写真は構図、フレーミング、デザイン、光、焦点距離の選択や露出、はたまたLightroomレタッチなど、あらゆる表現の手法を駆使して良い写真が撮れるのだと信じていました。

毎日100ショットスナップは写真を身近に生きることによって「自分にとって写真とはなにか」という考えも洗練されてくる感じがします。

 




 

上の写真は家族サービスで旅行中に道の駅で撮った1枚です。休憩を済ませて駐車場に戻ろうとすると空に濃い虹が現れました。私は車の運転席に座って「さあ、どうしよう」と呟きました。手元にあるのはリコーGRとiphone7です。周囲は大勢の観光客やコンビニや電線などがたくさんあって、せっかくの美しい虹を写真に収めるには苦しい条件でした。

GRはご存知のように28㎜広角単焦点です。画面に入れたくない要素がたくさんある現場では広範囲に入れてしまうので不利です。残すはiphoneです。もうアレコレ考えている暇はありません。虹はすぐに消えてしまいますから。

そこで思いついたのは虹を脇役にして抽象的な小説カットを撮ってみようとひらめきました。車からは下りずに運転席に座ったままフロントガラスの雨粒が規則的に見える部分でピントを合わし、道の駅の屋根にある風見鶏と虹を組み合わせてiphone7で撮ってみました。

撮ったときは自分でも笑ってしまいました。「いったい俺って何がしたいんだろう?」と。しかし帰宅してこの写真を見てみると不思議な感じがしました。写真作品として考えれば何がいいたいのか良く分からない、一般的な解釈としては決して良い写真なんてお世辞にも言えないのですが、とにかく何かが写っている写真だと感じました。

もしかしたら、この写真は観賞者に作者の人物像を想像させる写真なのかもしれません。私の大好きな岡本太郎さん的に表現すると、その空間で破廉恥にも爆発させた自分とでも言いましょうか。

こんな楽しい発見の連続なので皆さんも毎日100ショットスナップ、ぜひ実践してみてくださいね。

楽しいですよ。

 





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング