2018北海道ツーリング ツーリング写真ギャラリー 稚内港の朝日

2018北海道ツーリング  ツーリング写真ギャラリー

稚内港の朝日

EOS6D Mark2 + SIGMA150-600mmF5-6.3DG

 




2018年8月 自身11回目となる北海道ツーリング。この旅では今まで経験したことの無いある試みをしてみました。それは旅の期間中1つのエリアに滞在しその地域の魅力を時間をかけて味わい尽くす…というやり方。

一般的に北海道ツーリングと言うと例えば道央エリアと道北エリアとか、道東エリアと道南エリアとか2つ以上のエリアを移動して北海道を楽しむのが一般的だと思います。時間的に10日くらいとれる人は全道エリアを走る人も多いはずです。

しかし今回は千葉からの移動日を除いた中身8日間のすべてを道北エリアに絞って旅を楽しむことにしてみました。

なぜ道北なのか?? 去年の夏の北海道ツーリングでは道北エリアに居た頃に、連日の雨模様となってしまいテント停滞を余儀なくされたため、そのリベンジ的な意味合いで道北を選んでみました。

そしてもう1つの理由は「道は写真にすると何かをうったえているようだ」という気付きをきっかけに、道の写真を撮りたくなったので、最もメッセージ性の強そうな道の写真を撮れるのは道北エリアに密集しているだろう…と勝手に判断したのが最大の理由です。

この1か所に滞在するスタイルの北海道ツーリングは、ある意味でベテラン向けと言えるでしょう。と言うのも北海道ツーリングと言うと、どうしても気持ちが盛り上がってしまい「あそこも行きたいし、ここも行きたい」と行きたいところだらけで走り回るのが通常だと思います。この気持ちをセーブしてまで1つのエリアを集中して旅を楽しむのは、バイクに乗って走り回ることに、何か虚無感のようなものを感じ始めたベテランにしか出来ないのではないでしょうか。

 




   ~旅焦らない~

そう、旅焦らない。今回はこんな自分で勝手に作った造語を胸に「のんびり」まではいかないものの、今まで急がされるようにリエゾン区間を走り回った北海道ツーリングを卒業して、じっくり1か所に留まり今まで感じなかった別の北海道を感じてみたかった…といったところです。

以前にも書きましたが1か所のキャンプ場に連泊するベースキャンプスタイルはツーリング写真家には最高にお勧めの旅の手段です。特に出入りの自由な無料キャンプ場であれば早朝や夕方の景色、夜の天の川の撮影など自由な時間に行動できます。

ベースキャンプはテントの設営、撤収の手間が省けるし一度テントを張ってしまえば、荷物の少ない軽量スタイルで行動できるのも大きなメリットです。昼間、走っていて疲れたらキャンプ場に戻って昼寝するのも贅沢な時間の使い方です。

お盆期間の稚内森林公園キャンプ場は多くのライダーや旅人が集まって、駐車場もテントサイトも溢れる程いっぱいになってしまいました。きっと旅焦っていた頃の自分では混雑にうんざりしていましたが、今は不思議と多くの旅人の様子を傍観者のように眺める稚内の主のような気持ちで過ごしていました。

稚内港の船の汽笛「ボォォォーー」という音、沢山のカモメ達の鳴き声、旅人達の話し声がこの旅の音風景として私の記憶に刻まれました。

↓↓↓撮影場所↓↓↓

 





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング