絶対に良い写真が撮れる!魔法の法則<初級>ツーリング写真

Pocket

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、いつも当ブログを見ていただき本当にありがとうございます。当ブログのツーリング写真解説をみて「本当に良い写真が撮れたよ」という方はおられますか?それが私にとって最も喜ばしいことでございます。

さて今回の<初級>ツーリング写真解説は、少々タイトルが大げさですが実践していただければ間違いなく写真が良くなるとお約束できる内容でございます

皆さまはバイクに乗っているとき「あっここで写真を撮ろうかな」と思いバイクを停めますよね。そういったとき何を基準に撮影場所を選ばれていますか?美しい景色、珍しい物を発見したとき、宗谷岬のような到達点の記念?それとも「何となく」でしょうか?

何となくここが素敵な場所だと思った、何となくシャッターを切ってみた。実はこの「何となく」は写真の意図を表現するにあたり、重要なことをうやむやにしてしまう落とし穴です。どう撮っていいか悩んでもスッキリしない正体は何となく撮っているからです。

最初は何となくここが素敵だと思った、これで良いですが何となくが何なのかを解明させるため写真家の目と言語化力をフル活用しましょう。当ブログでは度々登場してきた”〇〇だから△△したの法則”をここで改めて解説してみたいと思います。

 

 

EOS1Dx + SIGMA150-600mmF5.6-6.3DG F5.6 1/500 ISO400

こちらの作品をご覧ください。海岸にある監視台を主題に撮った1枚ですが私は当初、この場所へ朝焼けの写真が撮れないかと期待してやってきました。しかし空には魅力的な雲が存在せず平凡な朝日になることが容易に想像できました。そこで海岸にあったこの大きな監視台がおもしろいなと思い、大きな監視台とバイクで対比を作って夜明け前の風景を背景にして撮影しました。言語化すると「立派な監視台が気に入ったのでバイクと大きさの対比する写真を撮ろうと思った」となります。そうと決まれば長方形の画面内にこの大きな監視台が最も堂々と魅力的に見えるように構図をつくるのです。




 

 

RICHO GR F5.6 1/125 ISO100 フラッシュ発光

次にこちらの作例をご覧ください。何でもない田舎の県道を走っていたとき「おっなんだあそこ!」と思いUターンしてまでここで足を止めました。工場の倉庫だと思いますが全体がヤレていい雰囲気です。ここでは「何となくいい感じだ」で撮影を開始せず写真家の目でよく被写体をみて言語化しました。そして「黄色とピンクのトタンがユニークだ」という結論に至り、それが画面内で理想的に配置されるよう構図を練ったのです。本当はピンクのトタンを主役にしたかったのですが、こちらは塗りたてのようで色気が無かったので、黄色の扉を主役にピンクは切り落としてみました。

 

 

EOS1Dx + EF100-400mmF4.5-5.6L IS F5 1/50 ISO800

こちらの作品は夜明け前の湖畔のキャンプサイトですが、寒さ静かさを表現するためホワイトバランスを青方向に調整しています言語化すると静寂のキャンプサイトを表現するためホワイトバランスを青へ調整した、となります。

実は究極のツーリング写真では殆どのツーリング写真解説の投稿で冒頭に〇〇だから△△したの法則、または撮影の意図を言語化して書いているのです。手前の木々に光が透過して美しかったので絞りをF11にした、ライダーの存在感を強めるためバイクは2/3フレーム外へ切り落とした、もの寂しさや寒さを表現するため露出をアンダーにした、空一面に広がるウロコ雲を表現するため広角レンズでローアングルから撮った…などなど。

〇〇だから△△したの法則 そのための言語化。特に「〇〇だから」の部分は重要で作品の意図そのものと言って良いです。そしてこの〇〇の部分は簡潔に言える短い文であること。一言でいえるくらいでもOKです。この部分がシンプルなほど傑作に近いと言えるでしょう。




 

言語化をすることにより撮影の作業を具体化できるのです。これは主題の明確化、作品の意図を導く構図、焦点距離(使用レンズ)の選択、絞りシャッター速度などの露出設定をどうするか、最初に言語化できていればやるべき作業は極めて明快になり悩むことはありません。

 

EOS1Dx + EF14mmF2.8L F2.8 1/6 ISO100

何もない空間の中央に手で輪を作って意図的な日の丸構図にした。これにより視覚的に安定感を出し平凡ではなくユニークさも演出した。

 

まずは「何となく良いと思った」を被写体や目の前の景色をよく見て言語化してみましょう。この時に被写体の特徴を見つけ出すことがポイントです。例えば1枚目の写真なら監視台が堂々としていること、2枚目の写真ならトタン製の扉がピンクであること、といった具合です。簡単でしょう?

きっとあなたは、その被写体の特長が気に入ったから、そこで写真を撮ろうと思ったはずですならば特長を魅力的に明確に表現できるよう撮ってみましょう。それは左右上下に動いて構図を作ったり、レンズを交換したり、露出やホワイトバランスを操作することかもしれません。

言語化から作業!それが究極のツーリング写真流〇〇だから△△したの法則です。あっ!大切なことを説明し忘れましたが、まずはあなたが感動すること!目の前の光景、被写体に感動しているか?これが実は一番大事ですからね!

それではまた!





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

~本日の100ショットスナップ~

RICHO GR APS-C

今回はちょっといつもと違う写真を。少し前に飛行機に乗ったとき、窓から撮った1枚です。飛行機の窓際席から写真を撮る場合、一眼レフだと仰々しいですしシャッター音が周囲に迷惑ですよね。そんな時はGRのようなコンデジの出番です。

2 thoughts on “絶対に良い写真が撮れる!魔法の法則<初級>ツーリング写真”

  1. こんばんは。
    SevenFiftyです。

    >そういったとき何を基準に撮影場所を選ばれていますか?
    ネコ&バイクなら距離です。
    かなり人なれしたネコでも自由気まま、いきなりレンズを舐めたり、フッといなくなるしね。
    人なれしていないなら尚更です、遠いとネコの表情が分からんし近づくと逃げるし。
    ネコとの絶妙な距離が撮影場所になります。
    ベタベタにくっ付いて撮ることも、数m離れて撮ることもあり、ネコによって使い分けています。

    URLはひな祭りツーリングの一コマです。
    次の瞬間ネコはいなくなりました。

    ちなみに岩合光昭さんが直々にオファー(もちろん飼い主さん)したネコもネコ&バイクで撮りましたよ。
    カメラを向けるるとポーズをとったり良い表情をくれます。
    ただ気まぐれネコなので遭遇する機会が少ないです。

    1. SevenFiftyさん こんばんは
      いつもコメントに感謝です。
      私もつい先日、漁港の撮影シーンで黒猫に遭遇しました。
      なかなか警戒心の強いヤツで撮るのは難しかったですね(^^;
      岩合光昭さん、猫の写真で有名な方なのですね。ちょっと作品を検索してみますね。
      コメントありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です