技アリ演出!有り得ないほどカッコいいツーリング写真<中級>ツーリング写真

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、皆さまは写真の演出と聞いてどのような印象をお持ちになりますか?

演出はプロアマ問わず写真界ではよく議論されるもので、演出の反対はナチュラル。完全ナチュラル派の人から演出を加える派の人まで、その度合いについては写真家それぞれの考えのもと極めて多様です。

ポートレート撮影でモデルさんに「笑って~」と頼めばそれは演出。目の前の風景の中に枯れた雑草があり邪魔に感じたので取り除いた、これも演出の一種。

私たちが目指すツーリング写真もこの問題については避けて通れない部分です。作品に旅のストーリー性を加えたり、感情表現を入れるためライダーの存在は重要です(必ず必要とは思いませんが)。しかし多くの写真好きライダーは単独行動のため、作品内にライダーの姿を入れるとなると、自ずと自撮り(というワードが適切か疑問ですが)になってしまいます。

カメラをセットしてタイマーなりリモコンなりで自分の姿を撮るのですから、これはもう紛れもない演出となります。本当なら誰か見知らぬライダーを美しい夕日の海岸かどこかで、タバコでもふかしている様子を気づかれず撮れればナチュラル作品が撮れるのですけどね。





私は今更ですが演出は加える派です。目指しているのは心象風景や記憶色の世界であり、あくまで人の心の中の光景を生み出したいと思っています。したがって目の前の風景を忠実に再現するだけの写真には興味がありません。自分なりの表現として演出を加えます。それは自撮りに限らず、例えば14㎜や600㎜といった肉眼とはかけ離れた焦点距離のレンズを使用したり、ホワイトバランスをイメージに近づけるため調整を施したり、Lightroomで質感やかすみ具合などを調整したり、この他にも色々ありますがとにかく演出については一切の否定はありません。

ただし、あまりに事実を歪曲させて写真ではなく別の芸術作品になってしまうような手法は避けています。そういった写真作品も素晴らしいと思いますが、旅の世界を伝えるツーリング写真には似合わないかなと感じるからです。

EOS1Dx + SIGMA150-600mmF5-6.3DG F7.1 1/1600 ISO100

 

こちらの作品をご覧ください。恥を承知でカミングアウトするとコレも自撮りな訳ですが、ただライダーの背中を撮るだけとか棒立ちでは逆にマヌケに写ってしまうので、恥ずかしいなどと思わず思いっきり演じ切ってください。

絶対にカッコよくなります。

ポージングひとつ、表情ひとつで劇的に作品にストーリー性や感情が加わります。これに成功すれば写真を見る人に感動や共感をもらえるでしょう。




SNSで発表すると、どうしても撮影裏を詮索する人が出てきます。代表的な反応としては「セルフタイマーでダッシュですか?」とか、星空のシーンでライダーの姿があれば「30秒間も微動だに動かずにいたのですか?」といった類のものですね。

そこに気がいってしまう時点で芸術への意識が低い人かもしれません。私は一時期、この反応を嫌っていましたが、もうこれは人間の心理なのか?こういったコメントを受けるのは仕方ないと諦めています。もしこういったコメントを受けるのが耐え難い、という方はデータを記入する際に(撮影データを書いてくれという発表の場)予め書いておくと良いです。F2.8 S:unknown  ISO:2500 インターバルタイマー撮影 といった具合に。

どうでしたか?!演出と聞くと何となく聞こえは悪いですが、完全ナチュラルも逆に難しいと思いませんでしたか?それでしたら作品の完成度を高めるために、より良い演出を加えてみるのも素晴らしいのではないでしょうか?

ではまた!





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

 

ド定番な撮影スポットでの撮り方<初級>ツーリング写真

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、いつも当ブログを見ていただき本当に本当に有難うございます!感謝です!実はアクセス数はここ数か月は伸び悩みなのですが、数より読者層の濃さを大切に運営していきたい所存です。

ところで先日、バイク専用写真共有SNS モトクルのフォトコンテストで入賞しバイクブロスポイント2万円分をゲットしたと話しましたが、そのポイントでガエルネのタフギアを買ってしまいました。

ガエルネのタフギア ブラウン

私はライディングブーツと言えば過去にガエルネのNo.145、ガエルネのFUGA、MaxFritzのダブルチェンジパッドブーツなど主にマウンテンタイプの革ブーツを愛用してきました。

それより以前はBMW純正のエンデューロやサンティアゴ、ガエルネEDプロなどを使っていましたが、今回は久しぶりにマウンテンタイプではないブーツの購入です。

オフロードブーツの定番とも言えるEDプロを真っ二つにしたような、半分オフロード、半分ツーリングといったライトな感じのタフギアですが、構造はオフロードブーツに近いものがあり、とてもしっかりした造りです。

最初、久しぶりにのしっかりしたブーツで凄く歩きにくいと感じましたが、丸一日ほどツーリングに使ったら程よく馴染んで歩きやすく、シフトもし易くなりました。

同じガエルネでもNo,145やフーガは日本人の足に合わせて足型を作っていると聞きましたが、このタフギアはたぶん違うようです。幅広甲高の日本人の足を考えると通常サイズのワンサイズ上を選ぶのが正しいようで、私の場合はフーガは27.5ですがタフギアの場合は28.5となりました。

買おうか悩んでいる方はサイズにご注意くださいませ。

EOS6D mark2 + SIGMA35mmF1.4ART F13 1/100 ISO100

さて今回の<初級>ツーリング写真解説では撮りつくされてしまったド定番撮影スポットでも、個性を打ち出すため少し変わった写真が撮れないか頑張ってみようぜ~という簡単な内容でいってみます。

この作例の場所は関東圏のツーリングライダーなら誰もが一度は行ったことのあるでしょう伊豆半島の弓ヶ浜です。日本の渚百選にもなっていて穏やかな海、弓なりに弧を描く砂浜が印象的ですね。

しかし、ここは多くのライダーが記念撮影するスポットでもあり、弓ヶ浜に来たぞ!という記録の撮り方が定番化している場所でもあります。当ブログ 究極のツーリング写真の読者の皆さまでしたら、そういった普通の撮り方に陥らないよう、くれぐれもお願いしますね。

今回、私の場合は駐車場の敷地にあった松に注目してみました。前景のある構図を作るにあたり、少し難しかったですが35㎜の広角レンズで松を入れ、弓なりに続く白波の線を導線として構図しました。つまりハイアングルですね。

撮影現場ではストロボ発光させて松の緑色を出したかったのですが、これは葉に面がない松では難しく、後でLightroomで補正しました。前景が松であることが誰の目にも明らかであるよう絞りはF13に設定です。

本当は松が左右から折り重なる場所があればさらに良かったのですが、ここは車も人も多く、なかなか動き回るのも難しい場所でありました。しかし、静かな凪の海岸にいつも心癒される弓ヶ浜で安心しました。

ちなみにこの場所にある人気のお食事処「青木さざえ店」に久しぶりに行って昼食にしてみました。イセエビ丼を注文して美味しくいただいたのですが、ちょっとした珍事が!私は好きなものは最後に残すタイプなので、イセエビ天ぷらを最後の一切れ残しておいたのですが、食べてみたら何と人参でした…。

赤い天ぷらだったのでイセエビなのかと思っちゃいました…この間違いを犯したのは私だけでないはず!

ではまた~

↓↓↓撮影地↓↓↓





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

~本日の毎日100ショットスナップ~

RICHO GR APS-C

これは伊豆半島ではなく地元の房総半島で撮影しました。港に乱雑に置かれた綱と錆びた金具。大胆に被写体に寄った1枚。28mm単焦点レンズのGRではこういった「寄る」写真の良さを学ぶことができました。