桜とツーリング写真 こんな撮り方があったのか!<中級>ツーリング写真

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、ツーリングには最高の季節ですが走っていますか?早朝出発でも路面凍結の心配もなくなりましたね。ぜひ早朝出発で最高の朝日の写真を撮ってみてくださいね。

最近、写真における「作品の意図」とは何ですか?と聞かれたのですが、難しく考えることではありません。意図とは簡単に言ってしまえば、あなたがそこで写真を撮った理由です。それが写真になっていればOKなんですよ。




例えば朝日が気持ちよかったとか、里山の風景に懐かしさを感じたとか、古びれた漁船が佇む港に旅情を感じたとか、これらが写真に写っていれば良いんです。ってコレぜんぶ私の好みですが!

そして構図やデザインとは、これら作者の意図を明確に観賞者に伝えるための役割として機能するべきと考えます。加えて光や影、驚きやユニークさ、そしてStory性などが加われば、もう完璧な傑作になりますよ!って私自身に言い聞かせたいですが。

さて今回はまだあったのかよ!桜の写真がと言われそうですが、そうです桜のツーリング写真です。またまた…。

 

EOS6D mark2 + SIGMA35mmF1.4ART F7.1 1/320 ISO100

こちらの作品をご覧ください。以前に投稿しました小湊鉄道 月崎駅で撮った写真の帰り道で撮った1枚です。夕日っぽく見えるかもしれませんが朝日です。写真だけ見て夕日なのか朝日なのかを判別するのって難しいですよね。

いずれの場合でも光は最高に美しいです。最高の光を最高の被写体に当てて写真を撮りましょう。光は命です!!この場所は小湊鉄道 高滝駅なのですが線路越しに見える向こうの桜があまりに立派で、朝日を浴びて輝いていたので撮影に挑みました。

スペースに制約のある現場(これ以上は桜に寄れない、後ろ側も広くはない…など)なので、理想的と言える構図は練り切れませんでしたが、光の美しさ、輝く桜を表現してみました。




どうしても桜のツーリング写真、桜のバイク風景というと青空のもと、さわやかに撮った写真が多いですよね。もちろんそれも素晴らしいですが、最高に美しい光を桜に当てればこんな風に印象的になりますよ!みなさんも早起きして出かけてみましょうね!という今回は簡単なお話でございました。

ちなみに、この桜は幹に蔦がびっしりと絡んで壮観な様子でした。しかし周囲に何人もいたカメラマンの方々は、あまりこの桜自体には興味がない様子でしたね。単に私が変わっているのでしょうか…

それではまた!





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

↓↓↓撮影地↓↓↓

小湊鉄道 高滝駅のすぐ北側の空き地のような場所です。

  ~本日の毎日100ショットスナップ~

リコーGR APS-C

仕事の休憩時間にGRで撮った1枚です。東京都江東区のテレコムセンターや日本科学未来館がある場所にスマイルガーデンという広場があります。いまチューリップがたくさん咲いていて綺麗ですよ!