R1200GS ADVENTUREとは?どんなバイクか?BMWのアドベンチャーバイク

Pocket

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、皆さまの愛車はどんなバイクでしょうか?バイク写真関連のコミュニティーを見ていると写真好きの方がよく選んでいるバイクってありますよね。

セロー、W650、ボンネビル、スーパーカブ、NC700、ドカティのスクランブラー、ハーレーのスポーツスターなどなど。

今回は旅好き、写真好き、キャンプ好きの私がメインで使用しているアドベンチャー系バイク、BMW R1200GSアドベンチャーについて書いてみたいと思います。

といっても詳細なインプレッションR1200GSとR1200GSアドベンチャーの違いなどについては過去に書きましたので、今回はもっとざっくりと書いてみたいと思いますよ。

2013(2014登録)BMW R1200GS ADVENTURE サンドローバー×アルピンホワイト

私は2008’ R1200GSを買ってちょうど10年。そして2014年にR1200GSアドベンチャーを買って4年。2台を合わせて10万キロ以上は乗っているのですがユーザー視線で分かりやすくいってみたいと思います。

なぜR1200GSを持っているのにADVを増車したか?

アドベンチャーを購入した2014年の春、私は既に2008年式R1200GSを購入して6年が経過していました。この時、BMWは主力商品とも言えるR1200GSをフルモデルチェンジさせてヘッドが水冷化された通称R1200GS-LCを発売していました。R1200GS-LCは試乗してみましたが、ライバルとパフォーマンス面においての差別化が要求されたのか、すこしBMW-GSらしさを失って走りに特化した印象でした。

そこで今乗っている空冷R1200GSは自分にぴったりのオートバイだから、この先もずっと乗っていこうと思いました。そんな風に考えたとき以前より気になっていたビッグタンクでオフロード向けのサスペンションを装備したアドベンチャーはどうなんだろう?と気になったのです。

その時、空冷モデルのポルシェ911カレラ2に乗っていたのですが生活環境の変化で維持が難しく、これを売却した資金(びっくりするほど高く売れました…)でR1200GS ADVENTUREの空冷最終型を入手したのです。既にR1200GSのLCが発売されて2年、R1200GS ADVENTURE-LCの発売がささやかれる中、ディーラーさんの片隅で売れ残っていたアルピンホワイト×サンドローバーの登録済新車(業界用語で未使用車)を格安で入手しました。

アドベンチャーは大きすぎない?

確かに大きいです。しかし見た目の印象ほど重くはないです。33Lのビッグタンクを満タンにしてしまえば重いですが、そうでなければ拍子抜けするほど軽いです。センタースタンドなんて衝撃を受けるほど軽くかかります。あとは慣れの問題です。最初は「こんなデカいの本当に大丈夫だろうか・・・」と私も不安でした。なんといっても車高が高いので通常のR1200GSとは威圧感が違います。純正シートをハイの位置でマウントさせると身長179㎝の私でも両足がバレリーナのように爪先立ちになります。

しかし慣れとは恐ろしいもので自分のものになってしまえば何とも思いません。




何が良い?

R1200GSというバイクはまず走りが良い。舗装路のコーナー、高速道路の巡航、下道でゆっくり流してもマイナスポイントが見当たらない。レバーサスペンションは最初は違和感ですが、今となってはテレスコピック(普通のオートバイのフォーク式)に戻る気はありません。…とここまでは通常R1200GSとほぼ同じ話です。

そしてツーリング性能。長距離が楽だ、とかそんな単純な話ではないです。懐の深さというか「いつまでも乗っていたい」と思わせる魅力。冒険に出かければ出会いと発見が待っている、そんな作り話みたいなことが実現できる、とでも表現しましょうか。えっ?それって普通のバイクじゃできないの?と聞こえてきそうですが、普通のバイクでは例えば1日に数百キロから1000キロ近く走ったら疲労して発見を見過ごしてしまうでしょう…

キャンプ道具を積載しても走りはほとんどスポイルされない。大型のアルミサイドケースは通常のキャンプツーリングの装備であれば、この左右2個のケースに全て収納されてしまいます。

33Lのビッグタンクはおよそ600㎞のワンタンク走行なので給油の煩わしさ、ガス欠のストレスから解放されます。プリロードの長いサスペンションは大らかな印象で極めてコンフォートです。舗装路でのダイレクト感やクイックな反応は通常R1200GSの方が上です。しかしアドベンチャーはとても乗り心地がよく車高が高い分気分も良いです。長距離走行であれば圧倒的にR1200GSアドベンチャーが良いと言えるでしょう。

ハイテク装備は意味あるか?

電子制御によるサスペンションはダンピング調整は大きな違いとは言えません。ただし九十九折の急勾配などではコンフォートモードは体感できるほど走りやすくなります。電子サスペンションについてはダンピングのモード変更よりも車高が変化するプリロードの方が効果が絶大でキャンプ装備積載では荷物積載モード、たくさん積んだときはタンデムモードにすることにより、車高が空荷の高さに近くなります。

トラクションコントロールASCは私の使い方では出番が少ないです。しかし何度か踏み切りで濡れた線路などで作動したことがあります。ABSと同様に安全装置と考えるのもアリだと思います。

その他、グリップヒーター、燃料に対する走行可能距離表示、いろいろ有りますが無用と呼べるものはありません。

オフロードは走るの?

以前と比べて林道に行く機会が減ってしまったのですが、荷物を満載して燃料を満タンにすると日本の林道ではかなり厳しいです。逆に軽い状態でいけば想像以上に素晴らしい走りをします。しかし日本の狭い林道で走るには万一を想定して2名以上で走るのが良いと思います。

勾配がきつく溝やギャップだらけの林道(日本の林道によくある)、大きな石がゴロゴロしている、粘土層が露出して年中ヌタっている、柔らかい深ジャリなど、はっきり言って苦手です。苦行とも呼べる林道ツーリングを楽しめる人には巨大な車体で攻略する楽しみはあるでしょう。

勾配が少なくフラットダートであれば、かなりオフロード走行を楽しめるバイクです。しかし日本で使う限りでは純粋なオフロードバイクとして期待すると、それは間違いになるでしょう。

維持費は高くない?

メンテナンスに関わる全てをディーラーに任せてしまえば高いです。オイル関係、バッテリー、エアクリーナー、プラグなどの交換、洗車時などに各部を目視点検など自分で行えば維持費が高いとは言えません。R1200GS発売当初、よくディーラーでお願いしないとダメだ、と言われていたヘッドクリアランス調整もズレていた試しが無かったので、やらなくて良いと言えそうです。

燃費は18~21km/Lくらい。 エンジンオイルは4輪用が使えるので安上がりです。オフロード走行用のブロックパターンタイヤを装着すると、銘柄や使い方によりますが5000㎞~10000㎞程度で交換時期となります。

 




 

故障しない?

故障しません。たいへん丈夫で信頼性が高いです。ただし機械に対して乱雑な扱いをしてしまう人がオーナーになった場合は、その限りではないようです。

まとめ

とても高いツーリング性能、懐の深い旅力、ローテクなイメージの空冷ボクサーエンジンをハイテクで制御している妙。このバイクが持つ魅力が自分のオートバイライフとぴったり合っている気がします。

巨体ゆえに気軽に知らない林道に入れなかったり、取り回しに苦戦したりするシーンも確かにありますが、極めて高いツーリング性能とトレードオフなのですから、そこは要求してはいけないポイントとして割り切りましょう。

走りを楽しみたい時はR1200GS、ロングツーリングとキャンプツーリングはR1200GS ADVENTUREと使い分けて楽しんでいます(冬は風が寒いので防風効果の高いADVENTUREばかり乗っていますが)。よく「なぜ同じバイクを2台も…?」と聞かれますが、実際に乗ってみると別物のバイクと言っても過言ではないです。

何事もモノ選びは自分にフィットしているか?これを基準に考えると、今の自分にジャストフィットしていると確信できます(体格と車格のバランスも含めて)。特に写真を本格的にやるようになって、写真旅との相性の良さにも惚れ直しています。





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

~本日の毎日100ショットスナップ~

リコーGR APS-C

少し前に職場の近くで撮った1枚です。東京都中央区の晴海客船ターミナル 臨港広場にあるオブジェ 通称「風のオブジェ」ですが正式には「風媒銀乱」といいます。都内屈指の夜景スポットとしても有名で、週末は多くのカメラマンが来ますよ。この周囲はほぼ毎日いるところなので、言ってみれば私にとってホームグランドなのです。何か新しいことに挑戦するときは、まずはこの撮り慣れたオブジェや周囲の公園で撮ってみるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です