やってはいけない菜の花の景色とバイク写真<初級>ツーリング写真

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、皆さまはきっと「このブログの作者はよっぽど暇なんだな」と思っていませんか?

暇人じゃぁないですけど!たいへんですよ~!

これだけのボリュームの投稿を、ほぼ毎日の頻度で更新しているのですから、普通に仕事して家に帰ってからでは厳しいものがあります。WordPressの予約投稿機能があるとはいえ、1投稿あたり1時間以上はかかるので、やっぱり大変なんですよ。

でも仕事のちょっとした空き時間などを利用してコツコツと書いております。もともとブログを書く事は好きでしたし、人にものを教えるのも得意な方でした。それに大好きなバイクツーリングと写真のことなのですから、言ってみれば自分の好きなモノだけを集結させたのが、この究極のツーリング写真 touring-photography.com なんです。

自分の好きなモノの集合体なのですから苦になるはずがないですよね。それにいつかツーリング写真文化を成熟させたいという明確な目標設定があるので、それに向かって楽しみながら精進するのみです。何より写真のことは説明を作ることによって、自分が一番勉強になっているというのも事実なんです。

教えるは教わるです!




では今回は<初級>ツーリング写真の解説として今の季節、とても多い鮮やかなお花の景色の作品。その時の注意事項として彩度上げると色飽和を起こして画質低下を招きますよ!というお話です。

EOS1Dx + SIGMA35mmF1.4ART F1.4 1/2500 ISO100

こちらの作例をご覧ください。春の小湊鉄道 月崎駅で撮った一枚です。遠景と前景に菜の花をおいた画面構成です。特にバイクよりも手前側、前景にたくさんの菜の花を入れてみました。

こういった花や緑がある鮮やかな景色というのは、当然ですが鮮やかに撮って仕上げたいと思いますよね。しかし、この作例のように特に黄色がある場合は色飽和に注意です。色飽和とは色が鮮やかになり過ぎた時に被写体のディティールが死んでしまう現象です。

これはLightroomを使ってかなり大袈裟に彩度を上げて拡大した様子です。一見すると黄色も緑も鮮やかになって、明るい印象(実際に明るいわけではありません)で良くなったように見ええるかもしれません。しかし大切な菜の花はディティールが死んでしまい、気色の悪い画像になってしまいました。良くないですね~

しかしこういった気味の悪いほどの鮮やかな彩度は、インスタなどでサムネイル表示された場合(つまりスマホの小さな画面内で小さな画像として表示させる)に限ってはそれほど気にならず、良い写真に見えてしまう場合があるようです。

本当にインスタだけを狙ってやるならOKかもしれませんが、少なくともプリントする写真とスマホ表示では同じ写真でも人が受ける印象は違ってくると覚えておきましょう。




通常、オーソドックスなカメラの設定(キャノンで言えばピクチャースタイルのスタンダード)であれば、あまり心配することではありません。しかしカメラのフィルター機能で・風景・ビビット・ポジフィルム調 といった具合に鮮やかにするフィルターをかけた場合、またソフトウェア―に取り込んで仕上る場合に彩度のスライダーを調整する際に、極端に上げてしまうとこのような色飽和が発生します。特に黄色が要注意なのです。

景色を見た時の印象とは、実際の風景よりも鮮やかに心に残るものです。決して実際の風景を忠実に撮りましょう、という意味なのではなくフィルター効果やレタッチ時の彩度の上げ過ぎに気を付けないと、黄色などは色飽和で酷い画質低下を招きますので気をつけましょう、というお話でした。

SNSはあくまでコミュニティーなので、色飽和の酷い写真をみて「この写真は色飽和がひどいですね」なんて言ってくれる人はいないですからね。本当はその方が親切なのでしょうが、私は絶対にやりません。

ではまた!





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

↓↓↓撮影地↓↓↓

当ブログでは何度も登場しているお馴染の撮影スポットですが、小湊鉄道 月崎駅です。映画やCMの撮影地としても有名です。