ツーリング写真<上級>色相環の補色と抽象的ツーリング写真

Pocket

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、いつも当ブログを見ていただき有り難うございます。当ブログの投稿は大半は1000~2000文字はあるので、読んで頂ける方々にも大変な時間をいただくことと感じております。読みにくい文章にも関わらず、本当に感謝です!

今回はなぜか人気のない<上級>カテゴリーの投稿を久しぶりにいってみたいと思います。度々ですがデザインのお話で、今回は色の要素として高度な内容「補色と反対色」を解説いたします。

EOS1Dx + SIGMA150-600mmF5-6.3DG   F5 1.6SEC ISO100

こちらの作品をご覧ください。水をはった春の水田に夜明け前の空が映り込んだシーンです。東の空が明るんだ早朝、空の低い位置は間もなく出る太陽でオレンジに染まり、空の高い位置は夜空に近く青い色をしています。

この作品のポイントはフレーミングにあります。空の上の部分をこれ以上入れてしまうとオレンジ色からグラデーションをおびて青に変わる部分が画面に入ってきます。それはそれで良い作品かもしれません。しかし、このシーンは水面のリフレクションを使った画面作りなので抽象的な作品が似合います。抽象的な写真とはぱっと見では実際がどうなっているか、よく分からないという意味です。

空の部分をオレンジからグラデーションがはじまる部分に留めることにより、不思議さを演出しているのです。簡単に言ってしまうと二分断された構図の下が青で上がオレンジ。これによって印象的な作品を狙っているのです。(リフレクションを利用した意図的な二分断なので、通常は避けなければいけない二分断ですが、この場合は例外です)




補色とは色相環における対局にある色関係のことです。濃紺と黄色、赤と緑、紫と黄緑など。互いの色が引き立て合い、見る人が心地よいと感じる色の組み合わせです。絵画などの芸術はもちろん、ファッションデザイン、広告、ロゴなどにも当たり前のように使われています。

今回の作品ではオレンジと青(濃紺)なので補色関係と言えます。しかし、この組み合わせは引き立て合っているのは間違いなさそうですが、少し気味の悪さも感じます。そういった意味でも抽象的な作品と相性の良かった色とも言えますね。

反対色とは色相環で完全に真逆の位置関係にある組み合わせです。通常の補色よりさらに強烈に相性が良いということです。シアン(青みがかった緑)と赤、濃紺と黄色などです。

これはフェルメールの有名な絵画「真珠の耳飾りの少女」ですがターバンの色の組み合わせが反対色となり美しいです。ちなみにフェルメールやレンブラントといった光を表現した絵画は写真芸術にも通ずるものがあり、いま色々と勉強中です。




撮影地において線、図形、色などデザインの要素を見つけることに慣れてきたら、こんどはそれぞれの組み合わせについて学んでいきましょう。今回は補色の話でしたが、同じような組み合わせが図形にも言えます。例えば三角の図形要素のすぐ近くに円を配置するとどうでしょう??

もうこの辺のレベルの話になってくると「たまたまじゃないの?」と疑われそうですが、偶然あったものを知識と結び付けて画面内にデザインしましょうね!という話なのです。上の作品の場合ですとオレンジも青も私が選んだ色ではなく、そうだった色に過ぎないのですが、補色関係であることに気が付いて画面構成することが大事なのです。

補色、反対色の説明に相応しい作品をストレージから探してもコレしかなかったので、私自身がこれからも勉強していきたいデザインの組み合わせのお話でした。

ちなみにこれからの季節、桜や菜の花など鮮やかなお花の咲く季節ですよね。色の要素をマスターできる絶好の季節と言えます。例えば桜の景色の中にカワサキのライムグリーンの車体(できればメタリックではなくソリッドカラー)なんか、とっても映えます!ぜひ挑戦してくださいね。楽しいですよ!!!





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

コメントを残す