ツーリング写真<初級>もう悩まない!世界初。撮影フローチャート解説

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、いつも見ていただき有り難うございます。当ブログの解説を見て、実践していただき「上達したよ!」という方はいらっしゃいますか?そういった方の存在を想像するのが、私がこのブログを作る原動力でございます。

今回は初級解説として「もう何もかもが分からない!撮影場所の探し方も、撮影地で何をどう撮っていいのかも!」という方を対象に、バイクに乗って走っているところから撮影地を探し当てて、撮影を開始するまでをフローチャートにして解説してみたいと思います。

ツーリング写真 撮影フローチャート解説 世界初ですよ!!

じゃ~ん 世界初のツーリング写真撮影フローチャート。適当だ…。

でも私の場合はいつもこんな流れなんです。撮影地は稀に予めスポットを調べてから行く場合もありますが、多くの場合は勘で探り当てます。コツは国道などのメイン道路から、生活道か農道にしか見えないような脇道を見逃さない事です。地形をイメージすると、その周辺でのそういった小道には何かが存在していると予測が立てやすいです。ハズレの場合も多いですが冒険心で行ってみましょう。

フローチャートの中で最も重要な部分は「被写体の魅力を探る」「デザインの要素を探す」「どのような光か見極める」これら三大重要素を個別に考えているところです。知識として知っていても、これらをごっちゃにして撮影すると、大抵はうまくいきません。くどいですが個別に考えて作りこんでいきましょう。

EOS1Dx + SIGMA150-600mmF5-6.3DG F6.3 1/320 ISO160

こちらの作例をご覧ください。2017年8月に撮影した北海道でのひとこまです。場所は紋別市のコムケ湖ですが、湖自体の撮影シーンにとらわれず、番屋などがある小道にて撮影地を探り当てました。「何かあるぞ!」と感じたので勘で行ってみたところです。

実際に見た風景は誰もこんな場所で写真を撮らないだろう、という平凡な景色だったかもしれません。しかし青い屋根の倉庫に注目しました。曇天下の鈍い光源は写真をフラット(コントラストに欠ける)にしますが、この寂しげな風景にぴったりだと感じたのです。

寂しげな風景の中に佇む倉庫が魅力と感じたら、もう主題は倉庫に決定です。




次にデザインの要素を探します。たびたびおさらいしますが写真におけるデザインの要素とは主に・線 ・図形 ・色 ・立体感 ・質感 ・規則的なパターン ・ディティール などです。中でも線、図形、色はとても重要です。

ここまで来たら、寂しげな風景に佇む倉庫、倉庫の屋根の青、倉庫の栗のような形、曇天のフラットな光源であること、といった具合に写真に必要な重要な要素の洗い出しが完了しました。

次にどんな画面を作るかを大まかに頭の中にイメージしましょう。倉庫が主題と決めたなら、大きさやピントや何らかの手段で、倉庫の存在感を絶対的にする画面作りが必要です。この撮影場所では倉庫は実際には少し離れていましたし、周囲には別の建物や電柱など画面に入れたくない物もありました。よって倉庫を引き寄せる目的と、周囲の余計なものを写さない目的で望遠レンズによる画面作りを決定させました。

作品の意図は「寂しい情景の中で最果て感を覚える、バイク旅のワンシーン」といった感じです。

カメラ本体にレンズを装着したら、まずは手持ちで動いてみましょう。動けば動くほど、被写体の位置関係やスペースの割合などが変化し、デザインの観点からも理想的と言えるアングルが発見できるはずです。逆に、このときに動かない人は理想的なアングルを発見できず、良き構図を組み立てることはできません。いきなり三脚をセットする癖のある人は要注意ですよ。

ここだな!と感じるアングルを見つけたら、まずは露出を設定して試し撮りをしてみましょう。フィルム時代からのベテランはこの手法に「無駄打ちが多い」と苦言しますが、私たちはデジタル世代ですし、ましてや学んでいる段階なのですからね。試し撮りは悪い事ではありません。




試し撮りの画像をプレビューするときは、余計な物が写っていないか?露出は狙ったイメージ通りか?ピントは甘くないか?カメラブレ、被写体ブレなど問題ないか?水平が気になるシーンでは水平もビシっと出ているか?、そして本当にその撮り方で良いか?完璧な構図、アングルがそれで良いか?自問しましょう。

この時点で以前に何度か解説しましたが「さいごのひと粘り」「さいごのひとヒネリ」に挑戦しましょう。完成したかに見えるその写真に、素晴しきプラスαができないか?絶対に傑作を撮るんだぞという強い気持ち、執着心といえるパワーで挑んでください。この写真の時は例えば雲間から太陽光が後光のように差し込んでこないか、地元の漁師さんが通りかかって会話するシーンが撮れないか?待ってみましたが、残念ながら叶いませんでした。

しかし粘りに粘って動いていると、局所的でしたが葦が生えている場所に気が付きました。この葦を前景に入れて撮れる場所を探り当てて最終的な作品の完成となりました。この写真で葦の存在感は極めて弱いですが、撮影者である私としては、この葦の存在は究極の脇役だな、と感じております。

どうでしたでしょう。こういった流れというか手順のような感じで解説したものは、他にはなかなか無いと思いますよ。撮影地でカメラの電源を入れたは良いけど、何をどうして良いか分からなかった方、ご参考にされてはいかがでしょうか!





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

↓↓↓撮影地↓↓↓