CANON EOS 6D mark2使ってみました サンプル画像あり

Pocket

前回の続きといいますか、6D mark2の初期設定などのお話を少々。あとサンプルの画像を撮ってきましたよ!

まずはメモリーカード。必ず国内正規パッケージを購入しましょう。パッケージの無いバルク品、輸入パッケージ品(コピー商品が多い)、やたら安いネット通販は記録スピードなど本来のパフォーマンスが出ないだけでなく、ファイル破損や不具合が多いです。

以前に輸入パッケージのCFカードで非常に苦い思いをしました。北海道のツーリング写真でカードの不良でファイル破損があったのです。写真家にとって最悪の事態とは撮影した写真を何らかの理由で失うことです。なるべく安く買い物したい気持ちはよ~く分かりますが、ネット上の通販サイトでは如何わしい品物が散見されますので気をつけましょう。レキサー、サンディスク、トランセンド、東芝などの信頼できるブランドであり、国内正規パッケージ品を買う、これが鉄則です。(特にサンディスクのコピーは多く出回っているので注意!)

最初にカードを入れたら必ずカメラで初期化しましょう。

これ、当たり前のようで実はやっていない人がおられるようです。カードは必ず使うカメラで初期化(フォーマット)すること!パソコンで初期化したり、別のカメラで初期化したり、そもそも初期化しないで使ったり、トラブルの原因ですので気をつけましょうね。そのカメラで初期化という事は他のカメラとカードを使いまわしする事もいけません(絶対ダメではありませんが、良くないです!)。あと仕事で使うエクセルだのパワポだのの関係ないデータを入れるのなんか論外ですからね。

ちなみに写真の64GBを6D mark2に入れると撮影可能枚数は1646枚と表示されます。以前の愛機EOS1Dxの時は同じ64GBを入れると表示では1999枚(それ以上表示できない)確か2100枚くらいだったと記憶しています。これはCMOSセンサーが1Dxが1810万画素だったのに対し、6D markⅡが2620万画素と高画素になっているからと思われます。

なので当然、連射時のカードの記録スピードでも6Dmark2の方が不利な状況と推測されます。

次に作業用色空間の設定です。デフォルトはsRGBですがLightroomやPhotoshopを使って画像を仕上げる人は、ここをAdobe RGBに変えます。これでRAWの豊富な色情報を損なわずに作業できます。しかしAdobe RGBに対応したモニターで作業できないと、あまり意味がありませんが。プリントの仕上、キャリブレーションなどをやる方は必須です。

次に著作権情報と作成者の名前の入力です。これ自体はあまり意味がありませんがデータがExif付きで盗難された場合に、一応はないよりは有った方がよいと思います。カメラを中古で買った人は前の持主の名前が入っている場合があるので、必ず確認しましょう。




という事で、きのう早速ですがEOS6D mark2を持って走りなれた南房総のツーリングルートを走ってきました。レンズとの相性の確認という意味でサンプルをアップいたします。

EOS6D mark2 + SIGMA35mmF1.4DG ART F10 1/250 ISO100

↑まずは私の大のお気に入りであるシグマの35mmF1.4ARTです。こういったダイナミックレンジなど気にしなくて良いシーンでは、EOS1Dxと比較しようが、純正Lレンズと比較しようが決定的な相違点は見当たらず、概ね良好です。1Dxの1810万画素から2620万画素へ高画素化されましたが、それによってサードパティー製レンズのボロが見えてくるか?とも心配しましたが全くありませんでした。SIGMA35mmF1.4は同社がフルサイズセンサー用に開発した、非常に良く写るレンズです。もちろん6D mark2との相性も抜群でした。

 

EOS6D mark2 + canon EF14mmF2.8LⅡ F11 1/180 ISO100

続いて超広角レンズ キャノン純正 EF14mmF2.8LⅡです。開放なども試してみましたが周辺光量なども問題なく良好です。若干の逆光ですが鮮やかに描写してくれた1枚です。この写真、ハイアングルで撮っていますが早速バリアングルモニターが役に立ちました。この近くには登れるような段差や高い場所はなく、頭上高くにカメラをかざしてモニターを見える角度に調整し撮った1枚。バリアングルモニターの無かった以前のカメラでは、ブラインドショット(つまり勘)で撮っていたのですが、嘘のように快適かつ確実な撮影ができるようになりました!




 

EOS6D mark2 + SIGMA150-600mmF5-6.3DG C F6.3 1/80 ISO100

さいご、望遠レンズでのサンプル画像。鉄分でスイマセン… 600mmまで引っ張った写真はこれしか有りませんでした。これは光の差し込む部分と暗部が混在する、ダイナミックレンジが要求されるシーンです。ご覧の通り、暗い部分のディティールもしっかり存在し美しい1枚になりました。これでLightroomでの調整はほぼ無しです。

しかし、この写真はAIサーボを使用した連射モードを試したのですが、途中から連射が失速してしまい、一瞬焦りました。この辺は最も得意とするEOS1Dxからの比較対象ですので、ちょっと6Dマーク2が可愛そうでしたね。きっと80Dに比べれば良いのでしょうが。ただ奥行き方向に遠ざかっていく小湊鉄道の車両は、ピントを外すことなく確実にAIサーボが追従してくれました!

総合的に考えて全く問題なし、というか優秀すぎるカメラでした。軽くなったボディのお陰で望遠ズームを手持ちで振り回しても、汗が垂れてくることありません。自撮りするときも従来はタイマーコントローラーTC-80N3を装着させて使用していましたが、6Dmark2はインターバル撮影機能が内蔵されているので、それも不要になりました。

一気に小さくなったボディのホールド感については、慣れの問題で解決しそうです。唯一、寂しく感じたのは1Dxの日本刀で切り刻むような鋭いシャッター音から、「スコッ」という少し情けないシャッター音になってしまったこと。まあ、良く言えば静音シャッターなのですけどね。

そして我々オートバイ写真家にとって悩みどころとも言える、撮影機材のバイクへの積載の問題。これについては重く大きいEOS1Dxから買い替えたこともあり、トップケース ヘプコ&ベッカーALU EXCLUSIV内にスペースの余裕ができたので、今回のようにCANON EF14mmF2.8LⅡ、SIGMA35mmF1.4ART、SIGMA150-600mmF5-6.3DG Cと3本ものレンズを収納してツーリングすることが実現できました!

という事で、今回はキャノンのフルサイズ機の入門用とも言える EOS6D mark2 の使用感についてレポートしてみました。

70Dや80D、またはKissシリーズを使っている人に、はじめてのフルサイズ機という意味でもお勧めです。

今回は珍しくカメラのお話でした!!!




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

~関連記事~

EOS6D Mark2がバイクツーリング用に理想的なカメラな理由

コメントを残す