ツーリング写真<中級>広角レンズ使いこなしテク

Pocket

究極のツーリング写真 読者の皆さま、バイクのバッテリー弱っていませんか?もう2月ですがバイクシーズンまであと少し。草花が目覚め温かい光の季節が待ち遠しいですね。

さて今回は広角レンズの使い方や構図を作るときのコツなどについて解説いたします。

EOS5D Mark2 + EF14mmF2.8L F2.8 10SEC ISO400

広角レンズというと一般的に焦点距離35mm以下でしょうか。この作例に使った14mmくらいになると超広角と言って良さそうですね。

写真の画面構成にあたり基本とも言われる・被写体に寄る ・主題を明確に ・主従関係を明らかに など色々ありますが、広角レンズとは目の前の光景の何もかもを小さくしてしまうので、これらの基本ができず「広角は苦手だ」という方も多いのではないでしょうか?

広角レンズで主題に寄って撮るということは、かなり被写体に接近することを意味します。人物を撮る街中スナップではリコーGRのような28mmとかは凄く度胸がいるんです。見ず知らずの人に接近して撮るんですからね。逆に85mmとかで人物の街中スナップをする場合は離れた場所から撮れちゃうのでチキンレンズなんて呼んでいる人もいるくらいです。

それではツーリング写真における広角レンズの使い方の一例として、今回の作例で解説します。(あくまで一例ということで、広角はこう撮りましょうという意味ではありません)




広角レンズは言うまでもなく広範囲に撮影でき、なおかつ遠近感(写真用語でパースペクティブとも呼びます)を出すことが出来るのはご存じだと思います。これらの特徴を生かすには、広範囲にわたって魅力的な要素があり、それを表現したいと感じたときです。

この作例の場合はキャンプ場内にあるたくさんの落葉樹の様子を主題としているため、広角レンズの利点を生かしています。

この他にもウロコ雲の広がる空、一面に花の咲く丘など広大な要素、広がり感を表現するときに広角レンズが活躍します。写真の主題は?という疑問があると思いますが、そういったシーンでは主題が空、丘、この作例なら木々となるよう画面内にデザインをすれば良いのです。

バイクやライダーなど特定の被写体は複数ある場合、それぞの存在感を同じくらいになるよう小さく構成し、この作例のように一ヶ所に集めてしまうのもオススメです。




 

その他、広角レンズには歪みや周辺流れなど特徴がありますので、利点として使うか避けるべきかは撮影シーンに応じて使い分けましょう。

周辺流れの例

周辺流れは中央に吸い込まれるような視線誘導に使えますが、そのような特別な意図が無い場合は発生しないよう絞り込んで撮りましょう。

 

広角レンズの歪み

レンズの歪みはバイクや建物など人工物に大きな影響を与えます。意図的にコミカルにしたいなど、理由がある場合を除き四隅を避けて被写体を配置しましょう。

私個人としては風景主体のツーリング写真が多いため、広角レンズが得意…というか好きです。ツーリングをしながらいつも広がり感を表現できるような景色を探しています。

余計なものを画面がから排除したり、大きさの割合を足で調整するのが少し難しいという面もあるかもしれません。かなり動いても被写体の位置関係などが大きくは変わらないのが広角ですので。逆にスペースを作りやすいとか遠景に気になる物が有る場合は小さくして存在感を弱めるなんて事もできます。この辺の細かいノウハウは何枚も撮って経験を蓄積していくのが一番です。

お使いのレンズがズームレンズでしたら、ぜひワイド端を使って広角で撮った作品に挑戦してみてくださいね。

しかし最近発売されたSIGMAの14mmF1.8DG  ART は良さそうですね。ぜひ欲しいのですが、買い替えはすぐにとはいきませんね…悩ましいです。

 





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です