キラメキのツーリング妄想族<上達の秘訣>ツーリング写真

Pocket

最近テレビで見て知ったのですが、いま20代の男子は女性との交際経験が無い人がすごく多いそうですね。全体の42%だとか?

お一人用のコンテンツが過度に充実したり、そもそも意欲の無い人が増えたりと原因は色々でしょうが驚きの実態です。

そのニュースを聞いて思わず妄想してしまったのですが、もし私がいま小説を書くとしたら、こんなのを書こうかと。とある中学校のPTAで知り合った30代の母親3人。急増する20代チェリー男子の社会問題を受け、3人は社会貢献を名目に欲望のまま「チェリー狩り」という犯罪に走る…その結末は…? 小説というか官能小説でしょうか。そうだ!タイトルは「チェリー農園」にしよう。きっと売れるぞ~  冗談ですけどね。




…何かのヒントをきっかけに妄想を膨らませるのは昔から得意なのですが、今回はそんな妄想や想像から生まれる写真の作画アイデアのお話です。

 

「キハとバイクの車窓旅」 EOS1Dx + SIGMA35mmF1.4ART F8 1/160 ISO100

以前もアップした春の小湊鉄道の風景です。季節外れなようですが、私のテリトリーである南房総ではもう菜の花が咲いていますよ。

この写真、R1200GSのコクピット部分にカメラを構えてスクリーン越しの風景として画面構成しました。良いかどうかは別として、かなり変わった写真であると皆さん感じていただけると思います。

「よく考えつくね!」と誰かに言われるような突拍子もないアイデアをいつも妄想しています。この写真は撮影現場で考えたのではなく、日常的に妄想していた時間にひらめいて、頭の中に引き出しとして在庫させておきました。

妄想は満員電車に揺られている時や、お風呂に入っているとき、夜の高速道路を淡々と巡航しているときにやっています。そして「あっそうだ、いいこと考えた!」とアイデアが生まれてくるのです。アイデアを思いついたら必ずメモをするようにしています。

要するに四六時中、ツーリング写真のことを考えているのです。ツーリング写真が好きで夢中になっているのだと思います。好きで好きでたまらなく、夢中になる・・・これって写真に限らず何をやるにも最強の武器ではないかと思います。




妄想して生まれたアイデアは自分で惚れ込んでしまうため、果たして本当に良いアイデアなのかジャッジが難しいです。SNSで発表してもコメント欄には皆いいことしか書かないので、イマイチだった場合の情報は「いいね」の数くらいしか判断基準がありません。

そこで、これは本当に良かったんだな!と思える判断基準として「真似してもらえた」というのがあります。その撮り方やアイデアを真似してもらえれば、それはどんなコメントにも代えがたい、最高の賛辞をもらえたと判断できます。日々の妄想が報われる瞬間です。

撮影の作画アイデアは現場で作る場合もありますが、ほとんどは日常で考え付いて頭の中に引き出しとして在庫させます。そして撮影地で在庫の中からいま生かせそうな何かはないか検索をかけるのです。

自撮りのポージングなんかも同じです。撮影するときにどんなポージングが良いのか?その場所で考えているようではワンパターンに陥ります。こんな時はこんなポージングと、頭の中に何種類も在庫させ、その撮影地に最もふさわしいのは何か?在庫から検索をかけるのです。

面白いポージングあるいは、何かをしているところ、なんていうアイデアも妄想から生まれます。記憶のツーリングシーンを表現するような作品を目指しています。しかし、それを作るにあたって未来に起こるかも分からない妄想の世界を使う。なんだか不思議ですよね。もしかして妄想っていうのは自分の記憶回路と何らかの関係があるのかもしれません。

今日もお風呂に入るとき、素晴しい空間で旅を重ねる未来の自分を妄想してみようかと思います。そう私はキラメキのツーリング妄想族なのです。

 





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

写真1枚目の撮影地 小湊鉄道 石神の菜の花畑 ↓↓↓

2 thoughts on “キラメキのツーリング妄想族<上達の秘訣>ツーリング写真”

    1. ゼファーのコクピットも素敵な眺めだと思いますよ(^^)
      メーターリングはメッキで空を映せるし、カウルがなくても面白い写真が撮れるかもしれません。
      最近、面白い写真用に自撮りデジカメを買おうか思案中です~

コメントを残す