ツーリング写真<初級>なぜ背景が重要なのか

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者のみなさん。いつも見ていただき有り難うございます。

私はあまりネットやITの知識がなく、CMSを使った独自ドメインのブログを運営するなんて、そもそも無理があるのですが皆さまに支えられて開設から3ヶ月になりました。

当ブログのメインキーワードである「ツーリング写真」で検索をかけると、PCサイトでは現在SEO順位は2位です。100記事を超えたので、ぼちぼち1位を狙いたいと思います。

その為には内容をより充実させ、全てのブログの基本とも言える「読者の役に立つコンテンツ」を充実させる、これに尽きるのですが実は最近気が付いたのですが、私自身が一番勉強になっていたりもします。

そういった意味で読者の皆様には本当に感謝しております。こんな文字数が多く読みにくい文章であるにも関わらず、いったいなぜ読んでくれるのか…という疑問さえ出てきますが。

さて今回は<初級>ツーリング写真の解説として構図の組立て方の一部とも言える「背景への配慮」です。

EOS1Dx + SIGMA150-600mmF5-6.3DG F6.3 1/640 ISO100




漁港はフォトジェニックな物が多く、被写体の宝庫とも言えます。しかしあまりに色んな物が多すぎて構図を整理する作業は膨大です。何もできなければ雑然とした写真に陥ります。

特に背景についてはゴチャゴチャ感が出てしまい、メイン被写体を決めても存在感が薄れてしまいがちです。

この作例は望遠レンズを利用して圧縮させた画面ですが、手前からいくつも連続する杭と舫を使って奥行きを構成しています。景色の多くはゴチャゴチャしているため、意図的に地面を利用してスペースを作りました。

最も前景にある黄色い舫と遠景のボカし具合を調整するため、慎重に絞り値を調整しF6.3を選択しました。

そしてメイン被写体となるバイクの背景部分に注目してください。何かを覆っている緑色のシートです。実は遠景には何隻もの漁船や建物などがあり、かなりゴチャゴチャした感じだったのですが、そういった背景にメイン被写体を入れてしまうと、存在感が埋もれてしまうのです。そこでこの緑のシートに注目しR1200GSの背景として重ね合わせてみました。




本当にちょっとした配慮なのですが、これをやったのとやらないでは写真の出来上がりはまるで違います。

メイン被写体を選定し、大まかな構図を決めたら背景に配慮しましょう。メイン被写体と重ねたくないものと重なっていないか?重ねた方が良いものが背景にないか?少し上下左右に動くだけで位置関係は簡単に調整できます。

良い写真とは細部への配慮も完璧に行き届いているものです。逆に全く配慮されていない写真というのが良く見かける平凡な写真です。

少しの配慮で劇的に良くなる背景の話でした!ぜひ実践してくださいね!





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

キラメキのツーリング妄想族<上達の秘訣>ツーリング写真

最近テレビで見て知ったのですが、いま20代の男子は女性との交際経験が無い人がすごく多いそうですね。全体の42%だとか?

お一人用のコンテンツが過度に充実したり、そもそも意欲の無い人が増えたりと原因は色々でしょうが驚きの実態です。

そのニュースを聞いて思わず妄想してしまったのですが、もし私がいま小説を書くとしたら、こんなのを書こうかと。とある中学校のPTAで知り合った30代の母親3人。急増する20代チェリー男子の社会問題を受け、3人は社会貢献を名目に欲望のまま「チェリー狩り」という犯罪に走る…その結末は…? 小説というか官能小説でしょうか。そうだ!タイトルは「チェリー農園」にしよう。きっと売れるぞ~  冗談ですけどね。




…何かのヒントをきっかけに妄想を膨らませるのは昔から得意なのですが、今回はそんな妄想や想像から生まれる写真の作画アイデアのお話です。

 

「キハとバイクの車窓旅」 EOS1Dx + SIGMA35mmF1.4ART F8 1/160 ISO100

以前もアップした春の小湊鉄道の風景です。季節外れなようですが、私のテリトリーである南房総ではもう菜の花が咲いていますよ。

この写真、R1200GSのコクピット部分にカメラを構えてスクリーン越しの風景として画面構成しました。良いかどうかは別として、かなり変わった写真であると皆さん感じていただけると思います。

「よく考えつくね!」と誰かに言われるような突拍子もないアイデアをいつも妄想しています。この写真は撮影現場で考えたのではなく、日常的に妄想していた時間にひらめいて、頭の中に引き出しとして在庫させておきました。

妄想は満員電車に揺られている時や、お風呂に入っているとき、夜の高速道路を淡々と巡航しているときにやっています。そして「あっそうだ、いいこと考えた!」とアイデアが生まれてくるのです。アイデアを思いついたら必ずメモをするようにしています。

要するに四六時中、ツーリング写真のことを考えているのです。ツーリング写真が好きで夢中になっているのだと思います。好きで好きでたまらなく、夢中になる・・・これって写真に限らず何をやるにも最強の武器ではないかと思います。




妄想して生まれたアイデアは自分で惚れ込んでしまうため、果たして本当に良いアイデアなのかジャッジが難しいです。SNSで発表してもコメント欄には皆いいことしか書かないので、イマイチだった場合の情報は「いいね」の数くらいしか判断基準がありません。

そこで、これは本当に良かったんだな!と思える判断基準として「真似してもらえた」というのがあります。その撮り方やアイデアを真似してもらえれば、それはどんなコメントにも代えがたい、最高の賛辞をもらえたと判断できます。日々の妄想が報われる瞬間です。

撮影の作画アイデアは現場で作る場合もありますが、ほとんどは日常で考え付いて頭の中に引き出しとして在庫させます。そして撮影地で在庫の中からいま生かせそうな何かはないか検索をかけるのです。

自撮りのポージングなんかも同じです。撮影するときにどんなポージングが良いのか?その場所で考えているようではワンパターンに陥ります。こんな時はこんなポージングと、頭の中に何種類も在庫させ、その撮影地に最もふさわしいのは何か?在庫から検索をかけるのです。

面白いポージングあるいは、何かをしているところ、なんていうアイデアも妄想から生まれます。記憶のツーリングシーンを表現するような作品を目指しています。しかし、それを作るにあたって未来に起こるかも分からない妄想の世界を使う。なんだか不思議ですよね。もしかして妄想っていうのは自分の記憶回路と何らかの関係があるのかもしれません。

今日もお風呂に入るとき、素晴しい空間で旅を重ねる未来の自分を妄想してみようかと思います。そう私はキラメキのツーリング妄想族なのです。

 





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

写真1枚目の撮影地 小湊鉄道 石神の菜の花畑 ↓↓↓