考えるな感じろ、いや感じるな考えろ<初級>ツーリング写真

Pocket

みなさん、ブルースリーの名セリフ「考えるな、感じろ」はもちろんご存じですよね?あれって「考えるな」の部分は日々の鍛錬により自然と動くため、意識を向ける必要もない、という意味で解釈していますが、実際はどうでしょうね。

写真も少し似た部分があって、やれ構図だの黄金比だのと理屈っぽい話がたくさん出てきますが、そういった理論の部分と感動やストーリーをこめるといった感覚の部分の両者が存在します。

いつも理論と感覚のせめぎ合いなのです。

いつか写真道を極めることができたらブルースリーの台詞のように考えずに感覚だけで撮ってみたいですね。

さて今回は初級ツーリング写真の解説として、撮影地でバイクを停めいざ撮り始めようというとき、最初に直面する「何をどう撮るか?」の解明についてです。

EOS1Dx + SIGMA150-600mmF5-6.3DG F7.1 1/1000 ISO100




「おっ!ここイイ感じだ。ここで撮ろうぜ」

「あらっ 素敵なところ、ここで撮っちゃおうかしら」

上手い、そうでない係わらず、ここまでの段階では殆どの方が、かなり良いセンスで撮影地を選んでいると思います。そこで足を止めた感性。写真が好きな証拠であり、それだけで天才だと思います。

難しいのは「イイ」「素敵」と自分で感じたはずなのに、いざ撮影を開始しようと思うと、それが何なのか?景色をパッと見た感じでは良く分からないことです。

この写真を撮ったとき、私は牛舎に素朴な田舎風景を感じて停まりました。しかしカメラを手にして相当に悩んだ撮影シーンでした。

 

この写真は撮影地をスマホで普通に撮った1枚です。言ってみれば料理前の状態、写真として何も組み立てていない風景です。これだけ見ると様々な要素があって、何となく良い所なのは確かですが景色の魅力は簡単に解明できませんよね。

牛舎を望遠でひっぱろうと思い、離れた場所まで来たは良いですが、試し撮りしても牛舎自体はイマイチでした。よく見るとバイクを停めた道と牛舎の間にある木が良い感じであるのに気が付きました。

しかし、どうも釈然としない写真しか撮れません。これだけ経験を重ねても、この段階では初心者と何も変わらないことをしています。早く風景の魅力を解明せねば。




そこで白いビニールに巻かれた牧草ロールに注目し、これを前景として構図してみました。白いビニールに巻かれた牧草ロールは真っ白で光沢を放ち、存在感もユニークさも悪くないと感じたのです。したがって重要な要素であるため絞りこんでF11で撮ってみました。

しかし、プレビューしても最初よりは良い写真になりましたが、なにかスッキリしない。ビニールの質感が少々の不快感を与えているのです。

そこで絞りをF7.1まで開いてボケを出し、存在感を調整したのです。これで最終的に良しとしました。解明された瞬間はスッキリし、思わず手で膝をたたいてしまいます。

このように、あっココがいいな!と思ってバイクを停めた場所とは「パッと見ではよく分からない」というのがポイントで、それをよく理解した上で考え、試し少しつづ解明していくと、次に何をすれば良いのかが見えてきます。

当初はこれが主題だ!と思った被写体であっても、実はそれを脇役にするのが良かった。なんてパターンはけっこうあるんですよ!

最近、少しずつですが日が長くなってきましたね。冬の夕陽撮影もいいですよ。まだまだ寒いですが防寒対策(撮影用含む)をして是非出かけてくださいね。





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

2 thoughts on “考えるな感じろ、いや感じるな考えろ<初級>ツーリング写真”

  1. 牧草ロールは命を繋ぐもの。
    日常、牛の世話をしている人たちの気持ちが、保存食としてカタチとなったもの。
    私たちから見ると、ある日気付くと存在し、
    ある日また草原から無くなっているもの。
    放牧されて生きる牛達が、冬の食糧として必要なもの。
    育てる人たち、生きる牛達、それぜれがお互いに無くてはならないもの。
    風景としてだけではなく、そこのある牛舎での毎日の営みを想像しました。
    早朝から毎日寄り添うように、お互いを大切にする暮らし。
    牛舎と牧草ロ-ルのある風景に、そこで暮らす生活を想像し、
    旅人として何を感じるか。
    記事の趣旨とは違うかもですが、
    この一枚の中に一年という時の一部を、そして沢山の想いを馳せました。

    1. Selenさん、牧草ロールといえば北海道ですよね。
      北海道にツーリングに行った時、牧草を刈り込んで機械でロールにしていく様子をしばらく眺めていました。
      牛たちの冬の食料だったのですね。
      この写真のすぐ近くに酪農の里というところが有るのですが、こんど行って詳しく見てきます。
      聞いた話によると、日本の酪農はここが発祥地だとか。
      なので規模こそ小さいですが、割と北海道的な景色が至る所にあるんです(^^)
      写真には旅先での人々の暮らしや、地形、歴史や文化も学んで表現していきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です