旅と名月<私の旅>ツーリング写真

Pocket

「旅と名月」

EOS1Dx + SIGMA150-600mmF5-6.3DG F8 1/30 ISO1000

2017年秋 紅葉の磐梯吾妻スカイラインを撮ろうと旅立った。

この年の夏。満を期して出発した北海道ツーリング。しかし悪天候に阻まれ、旅の内容は素晴しかったが納得のいく写真は撮れずに終わった。

本物の旅のワンシーンと撮りに行った写真との違いを見出してやろう、などと考えたのも敗因のひとつ。そもそも写真に最低限の演出を加えるスタイルの自分にとって、本物の…なんていうテーマそのものに自ら矛盾点を作ってしまったのだ。




目指す写真の方向性が定まらず迷走した。

それから2カ月、もう何度行ったか分からない大好きな絶景ロード、福島県の磐梯吾妻スカイライン。しかし狙っていた撮影ポイントではまだ紅葉が早く、若干勇み足だったか…と肩を落とし、観光客の少なくなった一切経山を撮影していると素晴しい月が現れた。

場所が場所だけに神々しくも感じる月だった。まるでツーリング写真の神が現れ「今日はこれね」と言って見せてくれた光景だった。

望遠で捉えると月はみるみる上昇してゆき、地球の自転速度を感じた。三脚を使いながら地上物と構図を練る時間もないため、感度をあげて手持ちで撮影した。この望遠域で1/30なら間違いなくブレが発生して使えない写真になる。しかしこれ以上は感度は上げたくないし、愛車R1200GSの存在感を考えればF8も譲れない。

すぐにEOSを高速連射モードに切り替えて、ここだというアングルで20枚程度を連射した。思惑通り、帰宅して確認したところ中4~5枚はブレもなく使える写真があった。

いつからこんな小賢しいテクニックを身に付けたのか記憶にはない。だけど、こんな引き出しはいくつも頭の中に在庫してある。




仮に撮りに行った写真を否定するなら「撮りに行くのが私の旅」と定義付けてはどうだろうか?それならば本物の旅のワンシーン = 私の撮影旅でもよかろう。

そもそも旅のスタイルなんて十人十色である。いったい何を恐れて撮りに行った写真を否定していたのか、いま振り返ってみれば謎だ。誰かが言っていたのだろうか?いや、誰かが「撮りに行った写真は邪道だ」みたいな事を言ったとしても、それに耳を貸せるほど自分は柔軟ではない。私の性格は手に負えない偏屈頑固なのだ。

とにかく、この月との出会いのように、もう少し単純に考えて旅をしてみよう。15年前にはじめて旅をしたときのように。初心を目指すのである。

 





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

かつて結構なお値段だった有料道路でしたが、震災以降に無料化されて久しい絶景ロードです。標高をあげ森林限界点を超えると荒々しい火山地帯が見えてきます。日中は観光客で混雑していますが日没を境に嘘のように人がいなくなります。撮影するならこういった時間帯がお勧めですね。

2 thoughts on “旅と名月<私の旅>ツーリング写真”

  1. 「旅と名月」・・・冒頭の一枚に立ち止まり、
    身動きできず、暫くの間見入ってしまいました。
    草むらの中で低く構えて、浮かぶ月が呼びこむ静寂の中・・・
    立澤さんの内面にある世界と、旅の中で五感で感じ、五感で聞えた世界を解放するような・・・そんな風に感じました。
    静かに照らす月だけが浮かび上がるこの時間を、
    身にまとうように・・・
    そしてその一枚を見る私も、同じようにそこに居て、
    立澤さんの目や肌で感じる世界に同化してしまいます。
    月との出会い・・・撮影者が自分自身を写すと、伝わってくるものですね。

    1. selenさん、いつも嬉しいコメントありがとうございます。
      旅を五感で感じる・・・いい表現ですね。響きます。
      最近、旅の写真とは鑑賞者の方にその場の景色を重ねて投影するように感じていただける
      そんな風に見てもらえたら・・・と考えるようになりました。
      月の写真は地上物と構図を作るのに、すごく難しいですが時間帯がよくラッキーでした。
      また新たな作品が生み出せるよう、今年も鋭意活動していきます(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です