ジャーナリズム的ツーリング写真<私の旅>

Pocket

いつもブログの記事を書いていて「よくこれだけ書く事があるなぁ」と自分でも関心しております。それだけ自分の中にツーリング写真に係わる事を詰め込んでいたのですね。当ブログでつつみ隠さず全てはき出し、また新たな何かを脳にインストールしていく所存でございます。

今回も変わったネタです。ツーリング先でちょっとした事件や出来事を目撃した経験はありませんか?自然現象による環境の変化、災害のつめ跡。

写真を撮りSNSで発表をしているあなたなら、こういった現実、現状を社会へ発信できる能力を備えているのです。そして写真のクオリティが高ければ高いほど、現状をより正確に、印象的に伝えることができるでしょう。

EOS1Dx + SIGMA35mmF1.4ART F8 1/160 ISO100

この場所はたまに行くお気に入りの漁港なのですが、久しぶりに行ったら使われずに保管されていた漁船が倒れていました。架台は無残に破壊され辺りに破片が散乱していました。




恐らく9月の台風18号による被害と思われます。去年の9月に日本列島に上陸した大型の台風18号は、運悪く潮位の高いときに通過し館山や千倉でもかなりの被害があったそうです。

では写真の解説です。撮影時間は日は傾いていましたが、まだ夕方と呼べる時間ではなく、Lightroomで仕上る際にホワイトバランスを暖色方向に調整しました。

長くのびる影は地面のスペース内に理想的に配置されるよう、モデルの立ち位置を幾度もトライして微調整しました。ポージングは船の様子を見ている感じです。

海がある写真なのに水平を無視していますが、これは画面内における線の要素が、水平線よりも船体の方が重要だからです。船体は線というより楕円形の図形要素ですが、これが画面内に一番しっくりくる位置に配置したのです。初心者の方はこういったシーンで、つい船体全てを枠に入れてしまいますが、デザインの観点でよく考え抜いて理想的にフレーミングしましょうね。

しかしこの写真を改めて眺め、感じるのですがキャンプ道具を積載している愛車の姿は本当に勇ましい旅の相棒に見えます。気のせいかもしれませんがキャンプツーリングのハイライトは夕陽が美しく焼けることが多いですよね。そう感じるのは私だけでしょうか?

みなさんもツーリング先で、こういったシーンを目撃したらジャーナリズム的な観点で美しき記録写真を撮ってみてください。もしかしたら、何年何十年後かに価値のある1枚になるかもしれませんよ!





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

バイク旅ランキング

コメントを残す