大胆に切り取る、とは?<初級>ツーリング写真

Pocket

究極のツーリング写真をいつも楽しみに見て頂ける方も、別に楽しみにはしてないけど、つい見にきちゃう方も、いつも見ていただいて有り難うございます。

皆さんはもう走り初めはされましたか?私は…元日から連勤でまだでございます。

さて今回の<初級>ツーリング写真はさらっとライトに読んで頂けるよう、いつものような深い投稿ではございません。深いのを覚悟されていた方はご安心ください。また深いのを期待されていた方はごめんなさい。

EOS1Dx + SIGMA150-600mmF5-6.3DG F11 1/250 ISO100

よく写真の世界では「被写体に寄る」とか「大胆に切り取る」なんて言葉をよく聞きますよね。被写体に寄るは以前にも記事にしましたが、今回は大胆に切り取るお話です。

今回の作例は被写体にバイクを選んでみました。というのも世に溢れているバイク写真の多くは、バイクを主役に撮っていて、それもほとんどは枠内にばっちり収まっているものばかり。当たり前なようで実は滑稽でございます。なので敢えて今回はバイクを作例に。

※誤解のないよう追記しておきますが、バイクを主役に撮った写真や枠内に収めた写真がダメな訳ではありません。それでも素晴しい作品はたくさん存在しております。たまには切り取ろうよ!というお話です。




この作例では車体全体の90%くらいは枠内だと思いますが、このギリギリ感が存在感を強調し、背景の波立った海と共演させるに相応しいカットにしてみました。実際には撮影地は近くに乗用車や観光客がたくさんいて、他に撮りようもなかったというのが現実ですが。トイレ休憩に立ち寄ったスペースで撮りたくなったので撮っちゃいました、の1枚なんです。

R1200GS ADVENTUREの何となくイルカっぽい側面のフォルム、フロントホイールの円を画面内の理想的な場所に配置した構図です。どの部分をどう切るかは撮影時にはそれほど意識はしていません。

光源は左上からの強い太陽光が各部のディーティールを立体的に表現しています。

大胆に切り取る、とはたぶんこうゆう事だと思うんです。もちろん、後で編集ソフトでトリミングしても良いですが、それは練習のレベルの話であって撮影時にトリミング前提で引いて撮るのは商業カメラマンの仕事で決して関心はできません。

それにトリミングは大切な画素を捨てているのと同じです。例えば2000万画素の写真を20%トリミングすると、1600万画素の写真になってしまいます。決して嬉しいことではないですよね。

撮影の時点で大胆に切り取るのと、後でトリミングする行為との違いは、画素を捨ててしまう話以外にも大切なことがあるのですが、今回はライトな内容と宣言したので割愛いたします!

あっ、今回の作例を見て「へぇ~三脚ってこうやって積むんだ」って思われた方。撮影機材の積載方法はまたの機会にご紹介しますのでお楽しみに!





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

コメントを残す