なぜ露出補正が重要なのか<初級>ツーリング写真

すこし前に<初級>ツーリング写真で露出の解説をしましたが、今回は露出補正のお話です。この次の投稿で逆光の解説をする予定なのですが、逆光撮影には露出補正がつきものなので、その前に露出補正の解説です。たまには順序よくやっていきます。

まず露出について簡単におさらいをします。人間の目も写真も光を捉えています。カメラの中は真っ暗な箱でシャッターが開いた瞬間だけ、外の光を取り入れます。レンズの中には絞り羽という複数の羽を円状に折り重ねた物があります。中心には穴ポコがあって、穴ポコを大きくしたり小さくしたりできます。

露出とは真っ暗なカメラの中に、写真を撮る瞬間、どれだけ外の光を取り入れるか?ということ。簡単に言ってしまえば写真の明るさです。

目の前の情景に対して、どれだけ光を取り入れたら良いか?つまりどれくらいの明るさにするのか?シャッターが開いている時間、絞り羽の穴ポコの大きさをカメラにお任せするのが評価測光(AE)といいます。

評価測光はマニュアル露出モード以外の全てのモードで機能します。測光方法は画面全体の平均でみたり、特定の部分をスポットで測ったりと色々と設定を選べます。

しかし、どんなに高性能なカメラでも評価測光が必ずしも撮影者の意図に合致しているとは限りません。むしろハズレや大ハズレであるケースが多いです。

そこで「おいおいカメラ君、せっかく頑張って測光してくれた値にケチをつけるようで悪いが、ここはもう少し明るく(または暗く)いこうぜ~」とあなたが補正をかけてあげる、それが露出補正なんです。

一覧レフの背面 中央にある大きなダイヤルが露出補正

露出補正はかなり頻繁に使います。カメラ選びのときに露出補正がすぐに操作できるカメラは使いやすいカメラであるためお勧めです。逆に MENU ~ ↑↓ボタンを何度か押して露出補正 ~ SET ~左右ボタンで補正して ~ SET ~なんて下の階層まで行くカメラは面倒で使いにくいです。

カメラの評価測光はあくまでヒストグラムで綺麗な山ができるような写真を良しとして計算します。ヒストグラムとは画面内の明るい部分と暗い部分の割合を示した分布図のようなものです。

編集ソフト lightroom のヒストグラム

カタログの写真や何かの記録写真などは、実際の明るさを忠実に写真にすることが重要です。それでも例えば白い車をアップで撮ったり、黒いドレスを着た女性を撮ったりする場合は評価測光では適正露出を得ることが出来ず、カメラマンはマニュアル露出で撮影するものです。

(評価測光は白色は明るい、黒色は暗いと誤認してしまうため、白い被写体はアンダーに、黒い被写体はオーバーになりやすい)




私たち芸術的ツーリング写真を目指す人間は、一刻も早く「現実を忠実に再現する写真」の呪縛から解放されるべきと考えます。露出の考えもその例外ではありません。

EOS1Dx  F5.6 1/25 ISO400  AVモード 露出補正-1.3ステップ

上の作例をご覧ください。海岸で日の出を待つシーンです。この作例の場合は実際の明るさとほぼ同じ感じですが評価測光に対して露出補正はマイナス1.3ステップと大幅にアンダーよりに補正を入れました。

カメラ:「だんなぁ、ここ暗いっすねぇ。でも任せてください、アッシがたくさんの光を取り入れる設定を選んでしんでやす。」

あなた:「おいおい、ここは暗いのが良いんじゃねぇか。何でも見えるように明るく撮ったらせっかくのムードがぶち壊しだ。まったくオメェはロマンがねぇな!」

カメラ: 「・・・」

 

EOS1Dx F7.1 1/400 AVモード 露出補正+0.7ステップ

続いて上の作例を。ここでは天気と時間帯が悪く写真に適さない状況でしたが、柔らかくハイキーなイメージを頭の中につくって露出補正を+0.7としました。このとき空や雲の繊細な階調が失われないよう、何度もモニターで確認して慎重に露出補正をしました。

カメラ:「こんなシーンは簡単に露出が決まりまっせダンナ。軍事技術とまで言われている性能をなめてもらっちゃぁ困るぜよ!」

あなた:「バカヤロウ、被写体をよく見やがれ!マンタの中に宇宙だぞ!これは夢だ、夢を撮ってんだよ。だから夢の風景をイメージして、もっと明るくしやがれ。」

カメラ:「・・・」




どうでしたか?あなたの記憶に印象深く残ってもらえればと、笑いを交えて解説してみました。(笑えなかった???)ここで既に露出補正はやっているよ、という方に質問です。最大でどれくらい補正したことがありますか?0.7?それとも1.0?くらいでしょうか。

イメージとは将来、あなたの記憶の中に刻まれるであろう、その旅の記憶風景です。それを現場で強く想像してみてください。欲しい露出のヒントはその中にあります。

カメラのコンピューターは優秀ですが、あなたの旅の記憶風景など知ったことではないのです。

カメラの評価測光に少しでも疑念を持っていれば、露出補正は時として2や3といった大幅な補正を入れるシーンがあるはずです。いつも0.3か0.7くらいだ、という方は次の撮影の機会に大幅に補正を入れて試してみてくださいね。特に逆光や薄明時などに試すと良いです。

フィルム時代からのベテランは全てマニュアル露出で撮っている方もおられるでしょう。しかし初級の皆様は絞り優先モード、またはシャッター速度優先モードで評価測光を活用してください。ただし、かならず現実に忠実な明るさではなく、あなたのイメージの明るさであるかどうか?これを自問する癖をつけましょう。そうすれば露出の考えや露出補正はすぐにマスターできると思いますよ。

あなたの心の中に存在する真の適正露出を探り当ててください。

 





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

↓↓↓写真1枚目の海岸の撮影地↓↓↓

↓↓↓写真2枚目のマンタの絵がある撮影地↓↓↓