主従関係を明らかにせよ<中級>ツーリング写真

Pocket

突然ですがみなさん、鉄道はお好きですか?

私の住む千葉県には鉄道ファンから人気のローカル線 小湊鉄道が走っています。可愛らしいディーゼル機関の車両(キハというそうです)。市原市から養老渓谷へと南下する、田園風景や里山を走るローカル線。

私は鉄道ファンではありませんが、撮り鉄さんの気持ちはよく分かります。とくに鉄道写真家 中井精也さんが人気になって「ゆる鉄」が浸透してから、ますます鉄道写真は素敵だなぁと感じております。

EOS1Dx F10 1/200 ISO100

オートバイが好きな方なら、乗り物つながりで鉄道もお好きな方が多いかもしれませんね。小湊鉄道の無人駅によくバイクが停めてあって、ツーリングついでに「乗り鉄」しているな、と思わしき光景をよく目撃します。

さて鉄道とオートバイを組み合わせたツーリング写真の解説です。上の作例をご覧ください。

小湊鉄道 上総大久保駅付近からカーブを立ち上ってくる車両を望遠レンズでぶち抜いてみました。バイクの置いてある場所は、バイクの下1/3くらいから手前は日陰になっています。

構図は電車が主役であること明確に、大胆に写したカットです。電車とバイクを組み合わせるとなると、どうしても両者が魅力的であるが故に、バランスをとってしまいがちです。実はそれが最も平凡な写真になってしまう落とし穴である、というのが鉄道と組み合わせる場合の難しいポイントです。



~主従関係を明らかにする~

どちらかが明らかに主役になるよう構図を作ってください。上の写真ではバイクはフレームから後ろ1/3切り取り、ピントもぼかしています。ただしバイクであることが誰にでも分かるよう、ボケすぎないよう絞りをF10まで絞りました。電車のアングルは・・・私は専門ではないので偉そうなことは書けませんが、まあ・・・王道といえる撮り方でいってみました。

もちろん主従関係が明らかならば逆にバイクが主役でも大丈夫です。その時、電車はローカル電車なんだな、というのが何となく伝わる程度でも大丈夫です。ただの背景にしてしまう、くらいの感覚でも良いと思います。

また電車とライダーの関係を作るストーリーを埋め込んだ作品も素晴しいかと思います。駅で誰かを迎えるようなシーンを作ったり、駅員さんと会話するところを撮ってみたり。通常の風景のツーリングシーンと違って鉄道や駅といえば「人」の登場が自然です。ぜひ人の温かみを感じるようなストーリーのある作品にトライしてみてください。

ところで中井精也さんの作品「ゆる鉄」はほんとうに素晴しいので、ご存じで無い方はぜひ作品を見てみてください。かつて鉄道写真とは鉄道という車両のみにフォーカスされた閉鎖的なイメージの分野でしたが、美しい日本の原風景と一体となったような鉄道のある風景「ゆる鉄」が登場してから、がらりとイメージが変わりましたね。

私も中井精也さんが鉄道写真を変えたように、バイク写真という分野(そもそも今ありませんが)を変えるのが夢です。

 

 



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

↓↓↓撮影地↓↓↓

トトロの絵が書いてある駅舎も趣があって良いです。山中の駅とは裏腹に近代的なデザインのトイレも有り!

2 thoughts on “主従関係を明らかにせよ<中級>ツーリング写真”

  1. 鉄ちゃんではないですが、鉄道好きです。
    主従関係をはっきりさせる。なるほど!
    言われてるように、どっちも欲張った写真が多いです。
    望遠で圧縮した姿が堪りませんね。
    勉強します。!(^^)!

    1. 鉄道と組み合わせた写真はほんと難しいです(^^;
      鉄道と聞いただけで鑑賞者の期待も高まるが故に、なおさらかもしれません。
      バイクが置ける場所との距離もあるため、やはり望遠を使って鉄道をとらえ
      余計なスペースや要素をそぎ落としていくと良いかもしれませんね。
      ダイヤの本数にもよりますが、バイク主役と鉄道主役の両方を撮れば欲張り写真の問題は
      見事に解消されますよ(^^)

コメントを残す