最高のツーリング写真とは<上級>ツーリング写真

Pocket

まだ11月なのに真冬のように寒いですね。

私は寒いのが大好きで早起きも得意なので、我ながらバイク、写真という趣味に適した体質だなぁと感じております。

さて<上級>ツーリング写真の今回の記事は画面内における良き写真としての、あらゆる要素をご紹介していきたいと思います。

EOS1Dx + SIGMA150-600mmF5.6-6.3DG   F5.6 1/500  ISO400

こちらの作品をご覧ください。

夕景に見えるかも知れませんが早朝の九十九里で撮影しました。間もなく日の出を迎える朝のマジックアワーです。ここに到達するまで深夜の街道を、寒さと虚無感を相手に格闘して走り続けてきました。

空がこのように明るんでくるだけで、夜明けの嬉しさ、太陽の尊さを実感します。潮風や波音を感じてとか、そんなありふれたフレーズではなく、何かこう「スピリチュアル」を感じて純粋にこの空間に感動できました。

さて写真の解説ですがまずは被写体です。海岸の監視台はよく見かけるものよりは大きく、トラス構造が印象的でした。海岸からの朝日の撮影というと、つい人工物は排除したくなりますが、このときは敢えて主題に配置しました。

というのも、この時の空には魅力的な雲が存在せず、散りばめられたような雲がピンクに焼けて、といった空は期待できませんでした。そこで思いついたのは繊細なグラデーションを出す一瞬を使って、空はあくまで背景に徹してもらう作戦でした。

空を背景にするなら被写体はバイクとライダーで良かったのですが、そういった写真は過去に何度が撮っていて少しマンネリ気味だったので、近くにあったこの監視台を選んだという訳です。

画面を印象付ける1つのポイントして「対比」があります。被写体はかなり大きいので、バイクとの対比によって、その堂々とした大きさを表現し存在感を印象付けています。また角度を慎重に選んで図形要素の観点から画面内に安定感を与えました。

そして露出。いわゆるローキーな仕上げで現場ではかなり悩みました。こういった繊細な階調が存在するシーンでは撮影時に完璧に露出を合わせておく必要があります。後でフォトレタッチで調整をしよう・・・なんて考えると深い後悔が待っているのを知っているのです。わずか1/3ステップでも弄ろうものなら、たちまちトーンジャンプが発生して繊細なグラデーションは失われてしまうのです。(もっともこの写真のようにSNSやブログ用にサイズダウンさせると、それが原因でトーンジャンプは発生してしまいますが…ブログ村などでサムネイルで表示されたりすると目も当てられない程ひどくなります)

そして地味なポイントですが電線の配置です。現場では凄く電線が邪魔で何とかならないだろうか・・・と思いましたが、主題と決めた被写体に繋がっているのですから、どうにもしようがありません。そこで画面内に電線が入っても不快に感じない配置を探りました。

今回の解説では ・対比によって大きさや存在感を伝える ・慎重に露出を選択し階調豊かな部分に気を使った ・電線のような本来は邪魔者になる要素を味方にする構図 といったお話でした。

<上級>ツーリング写真ではネタが少なく、書いている私自身も苦しいので、どうしても記事が少なめになってしまいます。いっそ<上級>ではなく<変態>にしようか悩んでるくらいです。<変態>ツーリング写真なら、かなりネタが豊富なのですが!

 



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

コメントを残す