旅の気持ちで撮影に挑む ツーリング写真

その旅が終わって何年も経っているのに、忘れず記憶の中に焼きついている景色がある。

それは必ずしも絶景や有名な景勝地などではない。

むしろ、その土地ならどこにでもある普通の景観だったりする。

  EOS1Dx + SIGMA150-600mmF5.6-6.3DG F5.6 1/400 ISO100

北海道の霧多布岬の周辺はその名の通り、いつも霧に包まれている。

この写真を見ると寂しさや不安感を抱くかもしれませんが、私の記憶に焼きついて離れない「記憶のツーリングシーン」とは、こんな感じが多いです。

長旅の工程では心は浮き沈みを周期的に繰り返し、やたらと過敏に反応する鬱のようなタイミングで見た光景なのかもしれません。

モーターサイクリストは全身に霧を浴びながら空間を駆け抜けたり、潮や緑の香りを感じたり、ある時は地域の人々に「旅人」として受け入れられ、優しさに触れたりして旅を続けるのです。

雨に当たったり想定外に寒い思いをしたり、服は汚れるし、荷物は限られるし、苦行とも言えるシーンの連続ですが、その旅程の中に心に入ってくる風景や出会いがあれば、それだけで心が満たされるものです。

私はこういったモーターサイクリストが見ている旅の世界に美しさを感じ、本物のツーリングのワンシーンを写真作品にしたいと思っています。それが作品化できればオートバイ、旅(観光ではない)と無縁だった人々に素晴らしい世界を教えてあげることができるのです。

今年の8月に久しく行けなかった北海道に行くことができました。私にとって記念すべき10回目の北海道ツーリングでした。フェリーの予約がとれたり、地図を眺めてどこに行こうか考えたりするだけで、心が子供のようにワクワクドキドキしました。

ここ2年くらいかけて写真修行した成果も、北海道という最高のステージで発揮できるという期待感もありました。しかし、実際に行ってみると運の悪いことに旅程中は雨ばかりで、大好きな夕焼け朝焼け、満点の星空などとは無縁の旅に終わってしまいました。

旅の内容は良かっただけに「本物のツーリングのワンシーンを・・・」が作品化できなかった不完全燃焼が心に淀みを残してしまいました。

「撮りに行った写真」と「本物のツーリングのワンシーン」の違いを打ち出してやろう、などと考えたのも敗因のひとつだったと感じます。

作品にある程度の演出を加える派、の私にとって「本物のツーリングのワンシーン・・・」というそのテーマは自ら方向性に矛盾点を作ってしまった!とも感じています。

いま私が中期的に学んでいきたいのは旅と写真の関係です。

まずは常に旅の気持ちを心にもって撮影に挑みたい。そんな風に感じている今日この頃です。それは場所や距離に関係なく極めて内面的な旅の世界観です。

もし共感していただける方がいましたら、いっしょに学んで当ブログで意見を交わしましょう。きっと素敵な話で盛り上がると思いますよ。

 

 



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村