すぐに実践できる印象作品<初級>ツーリング写真

Pocket

旅写真<初級>の前回では、写真家としての原動力は傑作が撮れたときの喜びや、誰かに感動や共感を与えたときの喜びですよ、というお話をしました。

それでは、初心者である方々がまずはこの喜びを知るため手っ取り早い手法で「あっ」と思わせる素敵な写真テクニックをご紹介します。ちなみに一般的なHOWTOとは教える順番がかなり前後することになりますが、そこは気にしないで下さい。

EOS1Dx + EF100-400mmF4.5-5.6L F6.3 1/100 ISO100焦点距離:235mm

まずはこの作例をご覧ください。斜光といって画面の右側から太陽の光が入っているシチュエーションです。たくさんの木々が規則的に路面に影をつくり細かな縞模様のようですね。この写真を撮ったとき、私はこの光景に感動し、それを明確に表現したかったのです。

良い写真を撮るには最初にカメラの電源を入れる前に大切なことが1つあります。それはあなた自身が被写体やその光景に感動することです。

これがないと、何が魅力で何を伝えたいのか明確にならず、たちまち平凡に陥ります。

オートバイの存在や背景になっている木々は、あくまで主題をささえる脇役に徹しています。細かな解説をすると道路がS字を描いていて視線誘導が効果的とか、道と背景の割合が黄金比に近いとか色々ありますが、それは中級上級の話なので将来的にまた改めて解説します。

ここでは「ただ1つの主題を明確に」ということを覚えてください。撮影現場であっと気がついた何か、あなたが気に入った何かを明確な主役にするのです。たとえ他に捨てがたい要素があっても、潔く1つにしぼってください。

でもどうやって・・・という疑問があるかと思います。構図はとても奥が深く単純に「1つの主題を明確に」といっても具体的には分からないと思います。

そこで、オススメの手法は望遠を積極的に使うということです。初心者に教えるには邪道な手段だと聞こえてきそうですが、それっぽく撮れる最も簡単なやり方なのです。

一眼レフの方は望遠レンズを装着、それ以外のカメラの方はズームを望遠よりに。そしてあなたが気に入った被写体を撮ってみてください。写真の第一歩は「余計なものは入れない」とよく言いますが、望遠レンズを使用することにより、否が応でも余計なものは画面の外になります。あなたが余計なものとは思っていないものも含め。

この作例も望遠を使っています。本当は美しい木々から漏れる光線や爽やかな午前の青空などもありましたが、それらを欲張って構図に入れればこのような印象的な写真にはならなかったでしょう。

望遠を使って「1つだけの」あなたの被写体を撮ってみてください。楽しいですよ。

つづく



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です