何かを予感させる現場<中級>ツーリング写真

今日の千葉県はどんより曇り空で、予報では雨が降るようですね。私は今日のような平日休みが多いのですが、こんな日はなにをして過ごそうか悩みます。

たまにはカメラ屋さんに足を運んで、最新のカメラやレンズでも見てこようかと思いますが、行ったら欲しくなるのが分かっているので止めておきます。最近、毎日スナップで使用しているSONY RX100がやはり自分の手には小さすぎて使いにくいかな…とも感じていました。

以前はリコーGRのAPS-Cセンサー搭載初代モデルを愛用していましたが、故障のため急遽、中古で買ったRX100を使っているのです。

またリコーGRを買いなおそうか、と考えているのですがキヤノンからG1xシリーズの最新モデルG1x markⅲが発売されましたね。CANONコンデジ史上初のAPS-Cセンサー搭載モデルで、24-72㎜のズーム域。そして先代のmarkⅱより大幅に軽量となりチルトモニターもバリアングルモニターに!このカメラは毎日スナップにもツーリングにも大活躍しそうなカメラです。

特に私のようにメイン機がCANON一眼レフのユーザーにとって、すごく使いやすいみたいですね。う~ん 欲しいけど。発売直後はまだ値段も高いですしね。いちど忘れましょう。

今回ご紹介する作品はリコーGR APS-Cを愛用していた頃に撮った1枚です。

RICHO GR F7.1 1/125 ISO100

勝浦漁港で撮ったワンシーンです。

映画などの映像制作でよく使われる手法ですが、物陰から覗き込むようなアングルで撮り、鑑賞者にこれから起こる何かを予感させます。

この写真からどんな想像ができるか、人それぞれ違った感想が返ってくると思いますが、期待感、恐怖感、不安感、安心感、とにかく何かの登場を待ちたくなる、そんなアングルだと思います。

これは物陰に隠れた場所から撮ることによって、撮影者(鑑賞者)の視線では誰かに見つからないように潜んでいること、を感じさせるからでしょうか。

この撮影現場では天気は悪くなかったのですが、空は雲が多く爽やかな風景を撮るには適さない光源でした。そんなときは無理に風景を撮るのではなく、地上物に注目してこんな写真を撮ってみるのも楽しいですよ!

あっ、それと漁港で撮影する場合は漁師さんや釣り人の方々に、ご迷惑や心配をおかけしないよう最大限の配慮をお願いします。基本的には漁業関係者以外は立ち入り禁止の場所も多く、とても怖~~~い漁師さんに怒られる場合もありますよ!まあ、大抵は写真を撮っているだけと分かれば、優しくなってくれますが。

 
 



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

ハイライトを巧みに使え!<中級>ツーリング写真

みなさん、だいぶ寒くなってきましたが家にこもらず写真を撮りに行かれていますか?私は先日の南房総野宿旅の写真の整理がようやく終わりました。

2日間で2000ショット以上も撮ったので、写欲を爆発させた旅だった!と感じると同時にムダ打ちの多い撮影スタイルであることを再認識しました。2000切っても仕上がりの写真は200枚に満たないのですから、1シーンあたり90%以上は無駄なショットだったということです。

一時期はこの悪い癖を直そうと努力したこともありましたが、今では自分のやり方として認めてしまいました。撮りながら整えていく方式を自分流として確立させております。カメラには負担をかけてしまいますけどね。

 EOS1Dx + EF14mmF2.8L F8 1/500 ISO100

さて写真の解説ですが、こちらの作品は先日のツーリングのワンシーンです。前回の投稿とまったく同じ場所での撮影です。前回は望遠レンズを使用して太陽の周辺だけを背景にしたもの。こちらは14mmという超広角レンズを使用して空一面に広がりをみせるウロコ雲を表現したものです。

このときのように望遠でも広角でも撮り甲斐のある夕空のシーンというのは、とっても嬉しくなってしまい興奮を抑えるのに必死でした。撮影は高揚しすぎているとテクニックやアイデアを出す脳の指令が鈍ってしまうので、そこそこ冷却装置を作動させて撮影に挑まねばなりません。

ベテランのハンターが大物を狙うときの気持ちで!

今回のお話は「ハイライト」の使い方です。ハイライトとは画面内で最も明るくなっている部分や被写体に入った光沢の光など。この写真のように空を写しているなら太陽とその周辺ということになります。

被写体はバイク+ライダーです。キャンプツーリングだったので、荷物を積載している姿を撮れるのは嬉しいです。ライダーのポージングは変形コントラポスト。

そして渦をまくように広がるウロコ雲の中心にハイライトが存在する絶好のシチュエーションです。このとき被写体とハイライトの位置関係に注意しましょう。完全に重ねるか、この写真のようにライダーとバイクの間にもってくるのか。どれが最善の位置になるか試行錯誤してみてください。

画面内でのハイライトの位置は重要です。せっかく美しい光をとらえても被写体と関連付けることができなければ、勿体ないです。これがSNSを見ていると全く意識してないんだろうな・・・という写真がすごく多いんです。完全に重ね合わせれば被写体のエッジを輝かせることもできますし、放射状に出る光線を画面内の理想的な位置に配置できれば、それだけで秀作になります。

ハイライトを巧みに画面内で構成することにより、被写体の魅力が見違えるほどよくなります。光についてはシャドウの使い方やレンズフレア、ゴーストの話もありますので、またの機会に詳細を解説しますのでお楽しみに。

あっ、それとこの写真は実はLightroomのプリセットではなくInstagramのPerpetuaというフィルターなんです。大きな画面で見てしまうと少し違和感かもしれませんが、インスタではこれくらいが良く見えるから不思議ですよね。

 

 
撮影地↓↓↓

 



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

偶然を得た印象作品<中級>ツーリング写真

週末は良いお天気で関東では美しい夕日も見れましたが、みなさん良い写真撮れましたか?

私は2日間の自由な時間を作れたので、大好きな南房総の野営地でソロキャンプを満喫してきました。少し風が強かったですが両日とも空が紅く溶けるような夕日が見れて感動でした。

ふしぎとキャンプツーリングすると綺麗な夕日に出会える確立が高い気がします。たぶん気のせいなのでしょうけど。それとキャンプツーリングのお昼ご飯はラーメンが無性に食べたくなるのは・・・これはたぶん気のせいではないです。

さて今回の<中級>ツーリング写真では偶然を味方にした作品のお話です。

EOS1Dx + SIGMA150-600mmF5.6-6.3DG F7.1 1/1600 ISO100  画像レタッチなし

こちらの作品をご覧ください。海岸で美しく焼けた夕景を撮影しました。うす雲が水平線付近にかかり、沈み具合によって濃淡や色が刻々と変化するシチュエーションです。

こういったケースはわずか数分で空の表情が劇的に変わっていくので、1枚撮ったら終わりでは大変勿体ないですよ!沈み具合によって何カットも撮影して帰宅したらお気に入りを選びましょう。

たくさんのカットを試みれば、この作品のようにラッキーを手に入れる確率もぐっと上がります。この撮影地は広い駐車場になっていて、海岸の直前まで縁石や柵などの障害物のない良いところでした。そして地元の方々のお散歩コースでもあり、このときは偶然通った男性が見切れでフレームインしました。

通常、このようなケースは失敗に終わることが多いのですが、この切れ具合と帽子が良い感じだったので採用カットにしてみました。いま振り返ってみると、このシーンではこのカットが一番のお気に入りです。少しおおげさですが写真の神様を味方にできた瞬間でしたね。

この画面構成によって前景ができて奥行きが発生したのは言うまでもありませんが、被写体の背景は自然、その手前は人の居る生活地を予感させ、ギャップ感にちかいものを作ることができました。偶然なんですけどね!

すごくややこしい話ですが、偶然を狙うという考え方も大事です。私はこのとき、散歩で通る人や釣り竿を持って通りゆく人を何となく気にかけていました。偶然をも狙う考えを持ち合わせていないと、通行人などは撮影の邪魔にしか感じないでしょう。

偶然といっても私の経験上は、過去に何度も似たような事がありました。彼岸花が咲き乱れている田舎道で、三脚を立てて撮影していたら、農家のおばあさんに話しかけられたり、漁港で同じように撮影していたら漁師さんに話かけられたりと。大概はこの偶然が入ったものは秀作になります。

作品にストーリー性を埋め込むなら「偶然をひそかに狙う」はお勧めですよ!ぜひ試してみてくださいね。

撮影地↓↓↓

 



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

ツーリング写真におけるカラーデザイン<中級>ツーリング写真

みなさん、いつも当ブログを見ていただき本当にありがとうございます。

アクセス解析を見ると一見さんではなく、リピーターの多さに驚きと感謝でいっぱいです。

私の調べた限りでは「ツーリング写真の撮り方」をネットで解説しているサイトというのは非常に少なく、バイク業界の媒体(雑誌出版社やメーカー系などのサイト)が新車情報やツーリング情報などの流れで「かっこいいツーリング写真の撮り方」みたいなものを紹介しているのは存在しますが、サイトごとツーリング写真専門というのは恐らく当ブログがオンリーワン状態なのではと思います。

それゆえに読者層の需要が全く見えず、特にバイクと写真が元々好きな人でもバイクが小さく写っててはイヤだ!という人もいるはずで、コンセプトを確定させるのに非常に悩みました。

しかし結局は自分がやりたいと思ったこと以外は、やる気になれないし継続も難しいだろうと感じ「ツーリングのワンシーンを切り取る」という私個人の活動コンセプトを、そのままブログにしてみたのです。

オートバイ文化の成熟と「旅」を知らない人々へのメッセージ発信を胸に、個人としての社会貢献をしていきたいと感じます。それが ”究極のツーリング写真” touring-photography.com なのです。

さて前置きがやたら長かったですが、今回は写真のデザイン要素にある「色」のお話を<中級>ツーリング写真のカテゴリーで解説いたします。

RICHO GR F5.6 1/125 ISO100 フラッシュ発光

こちらの作例をご覧ください。少し前に撮った写真で、この頃は愛用のコンデジがリコーGRでした。とても良いカメラでお気に入りだったのですが、故障してしまい今はSONY RX100無印なのですが、またGRを買いなおそうか悩んでおります。

ある田舎道で発見した農機具の倉庫と思われるシーンです。トタン扉に塗られたペンキが良い感じに剥げています。ここで撮影しようと思った最初の理由は画面の右端で切れている、ピンク色のトタン扉が気に入ったからです。

デザインの要素でいう色とは下記のようになります。

・進出色または暖色:イエロー、レッド、オレンジ、ピンク

・後退色または寒色:パープル、ブルー、グリーン、ネイビー

・中性色、中間色:グレー など

この作例では扉の1枚がイエローでもう1枚がピンク、他の部分は鈍いグレー色。この進出色と中間色の両者で黄金比に近づけるよう画面構成を目指しました。

ツーリング写真ではお花畑や人工物がない限り、なかなか色のバリエーションはなく、殆どが青、緑、グレー、夕日なら赤、星景なら黒や濃紺といった自然に存在する風景の色になると思います。

もし作品内にカラーデザインを巧みに取り入れてみたい、ということでしたら作例のように人工物に注目するといいでしょう。

私はこのとき、いつもの撮影シーンでは滅多に登場しないピンクがいたく気に入ってしまい、現場でどのように料理してやろうか試行錯誤していました。しかし、いくら試してもパズルのピースが合うことはなく、考えた挙句の答えは黄色い方をメインに置いてピンクは脇役!でした。

こうすることによって色の無いグレーの部分も鈍い色調が魅力的に見え、全体の構成が完成したのです。一番気に入ったものが、実は脇役にするのが一番だった、という決して珍しくはないパターンですね。

それと背景となるエリアのカラー要素はオートバイのボディ色とも関係してきますので、無理に組み合わせて秩序なきカラフルにならないよう気をつけて下さい。私のADVENTUREのように白でしたら割とこういったシーンで合わせやすいのですが。赤や黄色のオートバイの方は、大きさに注意して構図を作ってみましょう。

ちなみにこの写真は、私の撮る作品としては珍しくオートバイが主役になっています。太陽光の角度を意識してタンクからシート側面に強い光が当たるようにしました。バイクを撮るときのお約束のローアングルですが、この辺りはまた別の機会にバイクのカッコいい撮り方として解説しますのでお楽しみに!

 

 



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

一枚の作品がミステリー小説に…<私の旅>ツーリング写真

究極のツーリング写真を見に来ていただいてる読者の皆さん、いつも本当にありがとうございます。

このブログを開設して間もなく1ヶ月ですが、ある方から大変嬉しいコメントを何度もいただきました。バイク旅や写真に対する想い、たくさんの感想をいただき本当にこのブログを作って良かったなぁと実感しております。

当ブログではコメントは特になくても、見ていただけるだけで十分ですので。皆さんお仕事にプライベートにと何かと時間は限られていると思います。あまりネットしている時間に人生の大切な「とき」を無駄にされませんように。

それはさておき、ブログのアクセス解析を見るとフランス、ブラジル、アメリカ合衆国など海外から見にきていただいている方もおられるようです。Instagramにリンクを貼ったので流入元はそこだと思うのですが、毎日のようにあるので同じ方がリピートで来ていただいているのでしょうか。日本語しかないのに大変ありがたいです。せめて絵文字ひとつでもコメント欄に入れてもらえればお礼が言えるのですが・・・。

さて写真のお話です。皆さんはご自身が過去に撮られた作品で「これは変わったのが撮れたな」「他にない面白い写真だ」という個性的なお気に入り写真はありますか?

EOS1Dx + SIGMA35mmF1.4ART F8 1/80 ISO100

私もつい最近までそうだったのですが過去にどこかで見たような写真、例えば雑誌や写真集、上手い人がSNSで発表している写真など。決して真似をしているつもりはないのですが、無意識のうちに似たような写真を撮っている・・・。

とても勿体無いことです。せっかくアマチュアとして自由を与えられているのですから、本当はもっと個性的な作品が撮れるはずです。「無意識に真似している」は大敵なのです。

ぜひ意識してあなたらしい変わった1枚を撮ってみてください。この写真のようにフレーミングひとつで一枚の写真をミステリー小説に仕上げることもできるんですよ。

いちど殻を破るようなイメージで滅茶苦茶を試してみてください。この作例はフレーミングテクニックによるものですが、個性を出す多くは被写体選びやアイデアにあります。

誰もレンズを向けないような何か、そこから撮るか?!という変わったアングル、実際がどうなっているか分からないような抽象的な表現、こういったものは撮影現場に限らずお風呂に入っているときや、通勤電車に揺られているときなどに考えるとパッと思いつくことがあります。

無意識に真似していた・・・は可能性をも大幅に制限してしまいます。例えばわざと不必要なまでに感度を上げてノイジーな画像を作ったり、どこにもピントを合わせなかったり、警察を被写体に選んでみたりとか!なにをやったって良いんですよ。(もちろんモラルや法律は守ってくださいね)

絶対に楽しいです!

 

 



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

基本的な光の使い方 順光偏<初級>ツーリング写真

みなさん素敵なツーリング写真、撮っていますか?私はいま予定ではバイク野宿旅の最中で、この投稿は失礼ながら予約投稿機能という便利なものを使って投稿しています。

今回の<初級>ツーリング写真では非常に重要な光の使い方について解説します。光は今回の投稿だけではとてもスペースが足りないので、まずは順光といって太陽を背にした最も無難な光の使い方についていってみたいと思います。

EOS1Dx + EF14mmF2.8L  F7.1  1/500  ISO100

こちらの作例をご覧ください。毎々、海ばかりで申し訳ありませんが…




今回の順光を解説するにあたり、最適な写真を探してみたのですが、こんな超広角レンズで撮った写真しかありませんでした。どうやら私は順光ではあまり写真を撮っていないみたいですね…このような機会でないと気がつかないことです。

順光とは光源を背にして被写体に光が当たっていること。多くの人が知っている逆光の反対です。被写体に満遍なく光が当たるので色が鮮やかに、陰影が少なく、カメラのAE(主にシャッターボタンを半押しした時にカメラが決める露出値のこと)も決まりやすい、といった特徴があります。

反面、陰影がないということは被写体に立体感がなく、ただ綺麗に撮れているだけで平凡なイメージの写真になりやすいです。

「綺麗に撮れる」といえば、最近でも写真は綺麗に撮らねば!と画質に執着している方が多く見受けられますが、綺麗に撮れれば良しという時代は10年以上前に終わっていると思います。むかし(APSフィルムが出る前くらい)は旅行に行った記念写真ですら素人には、なかなか綺麗な写真が撮れなかった時代がありましたが、現代のカメラでは普通に撮るだけで誰でも綺麗な写真が撮れます。

多くのユーザーが現在でも必要以上に画質に執着しているため、最新のカメラは写りすぎちゃって気味が悪いくらいの領域まで来たとも感じます。画質は重要ではないとは決して言いませんが、こだわり過ぎないよう気をつけましょう。




この作例のように十分な明るさの順光であれば10年前のガラケーのカメラでも綺麗に撮れるはずです。

順光が適した撮影シーンは空や海を鮮やかな色で表現したいとき、カラフルな被写体を表現したいとき、などでしょうか。作例のようにタンクやシートにハイライトが入るといった特徴もあります。それ以外あまり思い浮かびませんが・・・

順光と一言で言っても太陽の傾き具合や、うす雲に隠れて弱まった光だったりと色々です。逆光などと違ってドラマチックな表現は難しいですが、爽やかなシーンを表現したいときに使うと良いと思います。

光については今後もいろいろと取り上げていきますので、お楽しみに!

 




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

最高のツーリング写真とは<上級>ツーリング写真

まだ11月なのに真冬のように寒いですね。

私は寒いのが大好きで早起きも得意なので、我ながらバイク、写真という趣味に適した体質だなぁと感じております。

さて<上級>ツーリング写真の今回の記事は画面内における良き写真としての、あらゆる要素をご紹介していきたいと思います。

EOS1Dx + SIGMA150-600mmF5.6-6.3DG   F5.6 1/500  ISO400

こちらの作品をご覧ください。

夕景に見えるかも知れませんが早朝の九十九里で撮影しました。間もなく日の出を迎える朝のマジックアワーです。ここに到達するまで深夜の街道を、寒さと虚無感を相手に格闘して走り続けてきました。

空がこのように明るんでくるだけで、夜明けの嬉しさ、太陽の尊さを実感します。潮風や波音を感じてとか、そんなありふれたフレーズではなく、何かこう「スピリチュアル」を感じて純粋にこの空間に感動できました。

さて写真の解説ですがまずは被写体です。海岸の監視台はよく見かけるものよりは大きく、トラス構造が印象的でした。海岸からの朝日の撮影というと、つい人工物は排除したくなりますが、このときは敢えて主題に配置しました。

というのも、この時の空には魅力的な雲が存在せず、散りばめられたような雲がピンクに焼けて、といった空は期待できませんでした。そこで思いついたのは繊細なグラデーションを出す一瞬を使って、空はあくまで背景に徹してもらう作戦でした。

空を背景にするなら被写体はバイクとライダーで良かったのですが、そういった写真は過去に何度が撮っていて少しマンネリ気味だったので、近くにあったこの監視台を選んだという訳です。

画面を印象付ける1つのポイントして「対比」があります。被写体はかなり大きいので、バイクとの対比によって、その堂々とした大きさを表現し存在感を印象付けています。また角度を慎重に選んで図形要素の観点から画面内に安定感を与えました。

そして露出。いわゆるローキーな仕上げで現場ではかなり悩みました。こういった繊細な階調が存在するシーンでは撮影時に完璧に露出を合わせておく必要があります。後でフォトレタッチで調整をしよう・・・なんて考えると深い後悔が待っているのを知っているのです。わずか1/3ステップでも弄ろうものなら、たちまちトーンジャンプが発生して繊細なグラデーションは失われてしまうのです。(もっともこの写真のようにSNSやブログ用にサイズダウンさせると、それが原因でトーンジャンプは発生してしまいますが…ブログ村などでサムネイルで表示されたりすると目も当てられない程ひどくなります)

そして地味なポイントですが電線の配置です。現場では凄く電線が邪魔で何とかならないだろうか・・・と思いましたが、主題と決めた被写体に繋がっているのですから、どうにもしようがありません。そこで画面内に電線が入っても不快に感じない配置を探りました。

今回の解説では ・対比によって大きさや存在感を伝える ・慎重に露出を選択し階調豊かな部分に気を使った ・電線のような本来は邪魔者になる要素を味方にする構図 といったお話でした。

<上級>ツーリング写真ではネタが少なく、書いている私自身も苦しいので、どうしても記事が少なめになってしまいます。いっそ<上級>ではなく<変態>にしようか悩んでるくらいです。<変態>ツーリング写真なら、かなりネタが豊富なのですが!

 



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

美しいポージングで差をつけろ<中級>ツーリング写真

みなさん素敵な写真、撮られていますか?

今回は多くの方が関心をもっていただける「自撮り」の解説です。前も書きましたが私の場合は自撮りしたい訳ではなく、いつも単独行動なのでやむ得ず自撮りなのです。

それにもしモデルさんが居ても、私の性格ではポージングやら立ち位置やらを細かく指示するのが心苦しく感じて出来ないかもしれません。

自分だったら納得がいくまで何度でもやり直しできますからね。




 

EOS1Dx + EF14mmF2.8L F2.8 15SEC ISO1000

こちらの作例をご覧ください。私は深夜に房総半島の海岸線を走るのが大好きです。山と違って真っ暗闇ではなく、意外と道は明るくて気分よく走れるものです。夜の海岸風景をスローシャッター、高感度で撮影すると、肉眼では確認できないファンタスティックな光景をとらえることができるんですよ。

この写真は東京湾越しの対岸、おそらく川崎市の工業地帯でしょうか。工場の熱か光によって空が妖しげに光っていたので、それを背景に撮影に挑みました。肉眼ではもっと暗いですが、長時間露光と高感度によってこんな光景が現れるのです。

ポージングは赤く光る対岸の空に向かって、ライダーが想いを馳せる表現をしてみました。これも演出であることに間違いありませんが、私は心の中で感じた風景を表現するために、こういった演出を加える派であります。SNS用のプロフィール画像などによく言われる「盛ってる」とは違うのですが、どう違うかのお話はまた別の機会に。演出の話はとりとめなく膨らみますので。

今回は自撮りする場合のポージングのお話です。この作例の場合、左足に多くの体重をかけて体全体がS字の曲線を描くようなコントラポストというポージングを使ってみました。




普段の楽な姿勢より意識的に背筋をぴんと伸ばし、胸を張って顎をひく。そしてどちらか片方の足に体重をかけるのです。簡単なようで難しいので家の鏡を見て練習してみるといいですよ。

ポージングを意識せず、普通に背中を撮ったような写真は何となく間抜けに見えてしまうものです。ヨガや剣道をやっていたり職業がモデルさんだったら普段の姿勢が美しいので大丈夫ですが。

まずはコントラポストをマスターして美しいポージングの自撮りで差をつけてみませんか?ポージングのバリエーションについては今後も色々ご紹介していきますのでお楽しみに!

 



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

ツーリング写真におけるLightroomフォトレタッチ講座 Vol1

みなさん素敵な写真を撮られていますか?

つい先日、自宅からほど近いゴルフ場の脇の道でイチョウが綺麗に輝いていたので写真を撮ってみました。午後の光に照らされて黄金に輝くイチョウがイメージできたのですが、どう露出をコンロトールしても、いくら粘って太陽光の変化を待っても、狙った通りに撮れませんでした。

そこで、この時に撮った写真を使ってLightroomのレタッチを解説していきます。

おさらいになりますがフォトレタッチはあくまで撮影で成しえなかった部分の補助的な作業であり、撮影時に心に描いたイメージをより表現できるよう焼き直す行為です。

では、既にLightroomを使っている方が対象になってしまいますが、作例を使って解説していきます。

こちらが元画像です。まずはLightroomに取り込んだところをスクリーンショットしました。全体的に露出アンダーなのは、明るいイチョウの部分をイメージ通りの露出で撮ると、路面が全体的に白っぽくなり陰影が消えてしまうからです。なので苦肉の策としてアンダーで撮っています。こうすることによって全ての色データが0や255にならず(0~255とは黒つぶれ~白とび)フォトレタッチに必要な色データを残すことができるのです。

ここで誤解のないように加えておきますが、黒つぶれと白とびは一般的に避けるべきと言われていますが、この固定概念に縛られず、つぶした方が良い場合、トバした方がイメージに合っている!というシーンは多々あります。ここではレタッチをするなら0や255は避けましょうね、という意味です。

 

↑まずは補正ブラシを使用して部分的に明るさや色温度などをイメージに近づけるよう調整をしましょう。

↑イチョウと芝の部分を選択。

↑本来、撮りたかったイメージに近づけるため露光量、コントラストを上げ色温度をやや暖色にふります。コントラストは好みよって、そのままかマイナスでも良いと思います。

 

↑次に薄いグレーでのっぺりと眠い印象だった路面をブラシで選択。この部分には左から差し込む光によって陰影があるのですが、このままでは僅かしか無いので補正を入れます。

 

↑露光量を暗いほうに下げ、コントラストを強め、明瞭度を強めに入れます。アスファルトの道路に限ってはかなり明瞭度を上げても違和感はないです。アスファルトらしいザラつきが表現されて個人的には好きです(あくまでアスファルトをブラシで選択した場合の話です)。

 

↑次に遠景を選択します。

↑色温度を寒色方向に補正、露光を若干暗くします。遠景とはかすみなどによって青っぽく見えるもので、遠景をわずかに寒色にふることで遠近感を表現できるのです。ただし少しだけで大丈夫です!やったかやってないか分からない位が丁度よいです。

 

最後にイチョウにハイライトが欲しいので、最も明るい部分を選択して、この部分の露光量を明るくします。サジ加減は何度もプレビューして違和感のない位の少し手前が勘所ですよ。

 

作業前の元画像

 

作業後の画像

どうでしょう。レタッチのプロセスを見てしまうと調整した部分に目が行き、不自然にも見えてしまいませんか?これは人間の心理だと思います。最初から仕上がった写真を見れば何も感じないはずですが。皆さんはこのようにレタッチのプロセスを公開するなんてことはしない方が良いと思いますよ。

今回、この写真をフォトレタッチした理由は撮影時に、イチョウを輝かせるように露出を選択すると、路面が白っぽくなってしうからです。路面は構図からそぎ落としてイチョウのみを大胆に切り取るか・・・とも考えましたが画面の左外には駐車場があり、また撮影位置もこれ以上は後ろに下がれず、頻繁に車が通るのでバイクに寄るのも難しい状況でした。

今回、こういった形でフォトレタッチについて解説しましたが、見る人によってはインチキではないか?という印象を持たれます。私の経験上、写真の技術や知識の浅い人、または芸術と向き合っていない人ほどフォトレタッチに否定的です。

いまフォトレタッチをはじめとするデジタル技術は写真界で過渡期を迎えています。わずか数年で写真に関わる多くの人々の考えは変化し、やがてフォトレタッチは現在よりも多くの人が受け入れるでしょう。

もしこれを見てフォトレタッチはインチキだ!と申し立てた方は、数年後には流されて全く違った意見を言っているでしょう。

ただし、その次元とは別に、写真芸術界に著名な写真家の中ではフォトレタッチはしない、という方は多数おられます。しかし、そのような才能豊かな方々は他人のフォトレタッチについて、いちいち苦言などしないはずです。

あくまで「演出」という大分類の中の1つとしてフォトレタッチなのだと思います。確かに無いものを付け加えたり、赤く焼けた夕日なのに紫にしたり、道路や人までピンクっぽい桜の風景だったり、思わず首をかしげてしまう過度なレタッチ画像は世にあふれています。

重要なのは自分の芸術性について、しっかりと考えを持ち表現の有効な手段としてLightroomのようなフォトレタッチを施すのが良いのではないかな?と私は思います。この辺の考え方は、いま人それぞれですので、あまり誰かのフォトレタッチについて「おや」と思ってもスルーが良いです。

ちなみに私は最近、Lightroomを使って昔ながらの写真芸術を踏襲するような仕上げにハマっています(今回の作例は違いますよ)。写りすぎちゃったところを見えなくしたり、画質が良すぎる部分をアンシャープしたり。

使い方次第で可能性は無限大。しかも自宅でゆっくりできるのですからね!過去に撮った画像も現在の感性と好みで焼き直すことも楽しいですよ。これを見てフォトレタッチ未経験の方はぜひRAWで撮影してレタッチから現像まで挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

EOS1Dx + SIGMA150-600mmF5.6-6.3DG F5.6 1/250 Lightroom5.7.1

 

 



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

想い出のお昼寝<私の旅>ツーリング写真

イグニッションキーをOFFにしてボクサーエンジンの鼓動を停止させると、その空間は驚くほど「シーン」と静まり返っていた。

旭川空港の南に位置する西神楽のエリアは道央らしい風景の隠れた撮影スポットだった。どこにも観光地っぽさがなく、ひたすら農道と長閑な風景が続いていて大好きな場所だ。

長旅の後半で疲労が溜まっていたのか、眠気にも似た倦怠感が全身を襲い始めていた。R1200GS ADVENTUREを停めた道は小さな舗装農道で、その先は行き止まり。車1台、人1人も通行しない「迷い込んでしまった」というのが相応しい忘れられた空間だった。

道端の花と遠景に滑走路が見えたので、得意の望遠レンズでその花を撮ってみた。プレビューすると、なんかモノ足りなかった。やっぱり滑走路があるなら飛行機が欲しいよね。そう独り言をつぶいやいて、文明の利器であるiphoneで空港のダイヤを調べたら30分後に羽田行きがあった。

ちょうど疲れて気分もイマイチだったので、ジャケットを脱いでアスファルトに敷き、その上に寝転んで離陸の時間まで昼寝することにした。北海道といえ日差しが強くて熟睡はできなかったが、まどろみ休息には十分だった。

やがて静寂だったと感じたあたりは「パタパタパタパタ・・・」「ガサガサガサ・・・」「ジジジ・・・ジジジ・・・」といった具合に虫や鳥たちの音でやたらに賑やかに感じた。

左腕のCASIO PROTREKに目をやると、ちょうど羽田行きの飛行機が飛び立つ時間だった。

名も無い花と名も無い道での「想い出のいちまい」だ。

EOS1Dx + SIGMA150-600mmF5.6-6.3DG F13 1/200 ISO160 600mm

2017年8月15日撮影


 



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村